メディア個別 20代女子に聞く! モテオヤジの条件 | シリーズ |

editeur

検索
全53回
20代女子に聞く! モテオヤジの条件
第53回 | 20代女子に聞く! モテオヤジの条件

オシャレより筋トレが効果的? 40オトコは“清潔感”で印象5割増し

「人は見た目じゃない」とよく言われるが、やはり「第一印象」はその後の関係性を左右する重要なファクター。特に、初対面の女性に「ルックスが嫌」と一度感じられてしまったら、恋愛関係に発展するのは至難の技となる。若い女性にとっての恋愛対象となるためには、とにかく清潔感をアピールすること。そこで今回は、40代の清潔感の演出法について美女に話を聞いた。
今回のアドバイザー
Rさん アパレル社員 25歳
大手アパレルブランドのショップ店員として働くRさん。「接客業は天職」と語るRさんの人懐っこい笑顔は、思わず吸い寄せられてしまいそうな不思議な磁力を持っている。現在、アラフォーの年上彼氏と同棲中。

モテる男の必須条件は、「イケメン」ではなく「清潔感」

イケメンは確かにモテるが、モテる男がみなイケメンというわけではない。それもそのはず、モテる男の条件はイケメンではなく、清潔感があるかどうかなのだ。

Rさん「恋人になれるかどうかに見た目は関係ないっていう人もいますけど、私はそうじゃないと思います。『イケメンじゃないとダメ』というわけじゃなくて、見た目が好ましいかどうかはやっぱり恋愛においてとっても大切。せめて、最低限の身だしなみはしたほうがいいですよね。

男性だって、いつもすっぴんでだらしない女性よりも、自分のためにオシャレしてかわいくしている彼女の方が好きになれますよね? 女性だって、男性に対して最低限のオシャレをしてほしいんです。特に大切なのは“清潔感”。清潔感の無い男性は恋愛対象になれるどころか、『キモイ』って思われちゃうかもしれませんよ!」

清潔感に必要なのは、石鹸ではなく筋肉!? 男の清潔感演出法とは

しかし、単なる「清潔」と「清潔感」は似ているようで少し違う。清潔であることはもちろん必要だが、清潔感にはちょっとした演出が必要なのだ。

Rさん「男性って、女性の“すっぴん風メイク”が好きですよね。ゴテゴテしたつけまつげや真っ赤なリップは、ゴージャスだけど清潔感や清楚っていう言葉とはちょっと違うような感じがするはずです。清潔感がある男性のオシャレもそういうイメージ。ゴテゴテ着飾るより、基本的な身だしなみに力を入れて、『清潔ですよ、健康ですよ』ってアピールするのが正解なんです。清潔感が出したいと考えている人は次のことを試してみてください。

●体を鍛える
●スキンケアをする
●こまめにヘアカットをする
●臭い&汗対策をする
●シンプルなアイテムをジャストサイズで着る

男性の場合、健康的でたくましいボディラインを作れば一気に爽やかな印象になります。特に、ぽっこり出たお腹や筋肉不足の腕や足は、おじさん臭くてNG。体を鍛えて、髪を整えて、衛生的にする。これで一気に清潔感アップです。洋服は二の次ですが、白いポロシャツなどのシンプルなアイテムをジャストサイズで選んでください。ブカブカサイズはおじさん臭いし、ピチピチなのも気持ち悪くて清潔感ナシです」

オジサンであることを逆手に取った「清潔感マジック」でモテに近付く

実際にRさんがお付き合いしている年上彼氏は、イケメンではないもののいわゆる“細マッチョ”の男性だそう。

Rさん「私の彼は今年40歳になるかなりの年上ですが、最初の印象が『清潔感のある人』だったのですぐ好きになりました。正直、顔はゴリラっぽくってそこまで良くないんですけど(笑)、初めて会ったゴルフ合コンですごく爽やかに短めのハーフパンツを着こなしてて、爽やかでかっこよかったんですよね。

20代の女性からすると、40代の男性ってオジサンという先入観があるんですけど、その分清潔感があると『オジサンなのに爽やか!かっこいい!』って加点があるんです。難しいファッションや流行の知識はまったくいらないので、夏に向けて清潔感のある体作りを頑張って欲しいです!」

清潔感のある男になるのに、特別な知識やアイテムは必要ない。身一つでアピールできる清潔感は、顔面偏差値とは違って後天的に獲得できる努力の成果だ。「どうせイケメンじゃないから」「どうせオジサンだから」とイジケている暇はない。若い女性からの関心が得たければ、その時間を一回でも多くの筋トレに割くべきだろう。

最後にアドバイザーからひと言

「たくましい体に勝るアクセサリーはありません! でも、トレーニング直後に汗臭い状態でデートに行くのはダメですよ」

Text by Takumi Arisugawa
Illustration by Ayako Sakamoto

editeur

検索