メディア個別 ランボルギーニの最新車デザイン・性能情報をお届け | シリーズ |

editeur

検索
全28回
ランボルギーニの最新車デザイン・性能情報をお届け
第30回 | ランボルギーニの最新車デザイン・性能情報をお届け

アヴェンタドールSVJ──ランボルギーニ最強のラスボス

ランボルギーニファンにとって「J」は特別なアルファベットだ。それは、1969年に一台だけ製造した実験車両を意味する。この実験車両『J』と『ミウラ』をベースに製作されたレプリカが『JOTA』。日本語読みをすると『イオタ』である。多くの説明はいるまい。伝説の一台だ。一般的には『ミウラ イオタ』『ミウラSVJ(スーパーヴェローチェ イオタ)』と呼ばれる。この「SVJ」を冠したモデルが『アヴェンタドールSVJ』だ。『アヴェンタドール』はランボルギーニのフラッグシップ。これはその『アヴェンタドール』シリーズの頂きに君臨するモデルで、まさに「ランボルギーニのラスボス」といったところだろうか。

ニュルブルクリンク最速記録を更新。『アヴェンタドールSVJ』は『イオタ』の再来

ランボルギーニに「イオタ」が帰ってきた。それも、ニュルブルクリンク北コース、量産車最速タイムという輝かしい記録とともに。『アヴェンタドールSVJ』は、2015年に発表された限定モデル『アヴェンタドール スーパーヴェローチェ(SV)』の進化版だ。

これまでのニュルブルクリンク北コースの量産車最速タイムは、昨年9月にポルシェ『911 GT2 RS』が記録した6分47秒3。『アヴェンタドールSVJ』のタイムは6分44秒97と、それを2秒以上短縮し、大幅に記録を塗り替えた。

その最大の立役者は、言わずもがな、新たなパワートレインである。ミッドシップの6.5L V12 エンジンのスペックは、最高出力770ps/8500rpm、最大トルク73.4kg-m/6750rpm、最高速度350km/h以上。0-100km/h加速はわずか2.8秒だ。ちなみに、8.6秒あれば200km/hまで加速する。

計算し尽くされた空気力学が見てとれる『アヴェンタドールSVJ』のエクステリア

この加速性能を支えるのは、『アヴェンタドール S』に比べて50kgの軽量化に成功した乾燥重量1525kgの車重と、それにより生み出された1.98kg/hpという高いパワーウエイトレシオ。そして、計算し尽くされた空気力学だ。

空力へのこだわりは、エクステリアに見てとれる。サイドフィンを搭載したフロントマスクのエアインテークはよりワイドになって大型化。サイドにも大型のエアインテークを備える。リアでは軽量カーボンパネル素材の後部エンジンパネルが印象的。ランボルギーニファンにはおなじみのY字があしらわれ、まるで戦闘機の翼を思わせる形状だ。また、ヘキサゴン型の大きなスポイラーやディフユーザー、高い位置に設置されたウィングも存在感を発揮している。

これらの進化によって、『アヴェンタドール SVJ』は『アヴェンタドール S』と比較してダウンフォースを40%向上させた。このダウンフォースの改善に合わせて足回りも改良。アンチロールバーは『アヴェンタドール S』よりも50%ハードなセッティングとなった。

『ウラカン ペルフォルマンテ』にも搭載されたALA=可変型のエアロダイナミクス

ダウンフォースの向上は『アヴェンタドール SVJ』が背負った業のようなものだ。軽い車体に強力なエンジン。それでは車体が制御されず、場合によってはフロントから浮かび上がり一回転してしまう。車体をしっかりと地面に押さえつける空気の流れが必要なのだ。しかし、ただダウンフォースを強化するだけでは、トップスピードが遅くなる。

そのジレンマを解消したテクノロジーのひとつが、進化した「ALA(エアロダイナミカ・ランボルギーニ・アッティーヴァ)」、「ALA2.0」である。ALAは『ウラカン ペルフォルマンテ』に搭載されている技術。平たくいえば可変型のエアロダイナミクスで、能動的に空力負荷を軽減してくれる。

ALAの特徴は、速度ではなく車両状態に連動する点だ。車両に搭載されたすべての電子装置をリアルタイムで管理し、加減速やローリング、ピッチング、ヨーイングといった車両の挙動を常に把握する「ランボルギーニ・ピアッタフォルマ・イネルツィアーレ(LPI)」と連動。あらゆる走行条件において最高の空力設定を整える。

フロントでは、ALAが作動するとフロントスポイラー内のフラップが電動モーターによって開放されて空気を取り込む。これにより車体底部への気流が生まれて空気抵抗が減少、加速及びトップスピードの最大化に最適な条件が整う。ALAをオフにした場合はフラップが閉じて、気流は生まれない。その代わりに、高速でのコーナリング、フルブレーキング時に必要な高いダウンフォース(車が地面に押さえつけられる力)が発生する。

リアでは、開いたフラップが空気を取り込み、その空気はインナーチャンネル(空気の通り道)を伝ってウィング下へと運ばれる。結果として、ウィング上面と下面の気流に変化が生まれてダウンフォースが軽減。上から押し付けられる力が少なくなる分、加速力とトップスピードへの到達力が向上する。逆に、ALAがオフになると、リアフラップが閉じ、従来の固定式リアウィングと同様の働きとなってダウンフォースが発生し、高速コーナリング時やフルブレーキ時の安定性を高めてくれる。

さらに驚くべきは、「エアロ・ベクタリング」と呼ばれる仕組みだ。曲がる方向に応じてALAの設定をスポイラーの左右いずれかに切り替え、どちらかに多く気流を発生させる。それにより揚力やダウンフォースを調整し、車両全体の動的安定性を向上させるという。

『アヴェンタドールSVJ』の4輪駆動システムは、よりトルクがアップした改良型

操作性では、『アヴェンタドール S』と同じく、4輪操舵システム「ランボルギーニ・ダイナミック・ステアリング」を採用した。低速時に後輪がステアリングと逆方向を向くことで小回りが利き、高速時には前後輪が同じ向きとなってより俊敏で安定した走りとなる。

また、4輪駆動システムは、牽引力を最大化するトルクスプリットの改善が行われており、『アヴェンタドール S』に比べてリアアスクルに送るトルクが3%向上したという。

走行モードの選択も健在だ。ノーマルモードに相当する「ストラーダ」、スポーティな走りを愉しめる「スポルト」、サーキット走行モードの「コルサ」、そしてストラーダ、スポルト、コルサの3つをベースに自分好みにカスタマイズできる「エゴ」から選ぶことができる。

『アヴェンタドールSVJ』の価格は約5154万円。わずか63台限定の特別仕様車も登場

発表会では、ランボルギーニのステファノ・ドメニカリCEOが次のようにスピーチしている。

「『アヴェンタドール SVJ』は革新的な車で、私たちのスーパースポーツライナップの絶対的な頂点に君臨するモデル。速度や空力性能、運動性能は、宇宙船からジェット戦闘機などさまざまなものからインスピレーションを得ている。『アヴェンタドールSVJ』は、スーパー・スポーツカー開発の新たな可能性を切り拓き、未来に向かって一歩を踏み出した」

まさに、絶対の自信を持った最高峰のモデル。それだけに、価格も5154万8373円と超弩級だ。生産台数も900台に限定されており、デリバリーは2019年初めを予定している。

さらに、アメリカ・ペブルビーチのコンクール デレガンスでは、より希少な一台が発表されている。それが、『アヴェンタドールSVJ 63』(下の写真)。ランボルギーニの一号車が発表された1963年に敬意を表した特別仕様車で、63台の限定だ。ランボルギーニの歴史に残る、伝説の一台になるはずだ。

Text by Tsukasa Sasabayashi
Photo by (C) Automobili Lamborghini S.p.A.
Edit by Takeshi Sogabe(Seidansha)

動画はこちら
Lamborghini Aventador SVJ オフィシャル動画

editeur

検索