メディア個別 アルファロメオの最新車デザイン・性能情報をお届け | シリーズ |

editeur

検索
全9回
アルファロメオの最新車デザイン・性能情報をお届け
第9回 | アルファロメオの最新車デザイン・性能情報をお届け

世界限定108台──最速を祝うステルヴィオとジュリア

ニュルブルクリンクは、フランクフルトから約200km、ケルンの南方60kmにある山間部のサーキットの総称だ。通称は「ニュル」。F1グランプリが開催される近代的なコースと、オールドな北コース(ノルドシュライフェ)の2つがあり、クルマ好きのいうニュルは北コースのほうだ。世界一過酷なサーキットとして知られ、世界中の自動車メーカーが開発車両のテストコースに用いることから、「車両開発の聖地」とも呼ばれる。このニュルでレコードラップを記録したうちの2台が、アルファロメオ『ステルヴィオ クアドリフォリオ』と『ジュリア クアドリフォリオ』。先ごろ、それを祝した希少な限定モデル「NRINGエディション」が登場した。

世界一過酷なサーキット「ニュル」で最速を記録したアルファロメオの2台

1周20km以上、コーナー数172、高低差300m。ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェは、過酷を極める。だからこそ車両開発の聖地となり、スポーツカーにとって、そのラップタイムが性能を表す指標となっているのだ。

たとえば、ルノー『メガーヌR.S.』とホンダ『シビック タイプR』は市販FF車最速の座をかけて戦いを繰り広げ、ポルシェ『911 GT3 RS』とシボレー『コルベットZR1』はすべての市販車の最速を競い合っている。

アルファロメオ『ステルヴィオ クアドリフォリオ』と『ジュリア クアドリフォリオ』も、ニュルでセグメント最速ラップを打ち立てたうちの2台だ。

いずれも、最高出力510hp、最大トルク600Nm を発揮する2.9L V6ツインターボエンジンを搭載したシリーズ最高峰のトップパフォーマンスモデル「クアドリフォリオ」。『ステルヴィオ クアドリフォリオ』はSUV最速となる7分51秒7のラップタイムを記録し、『ジュリア クアドリフォリオ』は市販4ドアセダン最速記録の7分32秒を刻んだ。

このレコードラップを祝う特別仕様車が、今回両モデルに設定された「NRINGエディション」である。もちろん、2台ともベースは「クアドリフォリオ」だ。

内外装にスペシャルでレーシーな雰囲気が横溢する「NRINGエディション」

2つの「NRINGエディション」は、アルファロメオの創業108年にちなんで世界限定108台ずつ販売される。単に車両の仕様が特別なものとなるだけでなく、特別なアイテムとオーナー体験が用意されているのが特徴だ。

ボディカラーはマット仕上げの「サーキットグレー」。ルーフは、『ステルヴィオ クアドリフォリオ』が電動パノラマルーフを装備し、『ジュリア クアドリフォリオ』はカーボン仕上げとなる。フロントグリル、バンパー、サイドスカート、ドアミラーは、ともにカーボン仕様だ。

パフォーマンスの面では通常モデルの「クアドリフォリオ」と同じだが、カーボンセラミックブレーキが装備され、ストッピングパワーが増強された。

インテリアには、随所に配されたカーボン素材とレッドステッチによってただ者ではない雰囲気が横溢する。

シートはスパルコのカーボン製レーシングシート。レザーとアルカンターラのステアリングホイール、モパー製カーボンインサートシフトノブ、フロアマットも特別装備だ。助手席前のカーボンパネルにはシリアルナンバーも刻まれる。

オリジナルシューズにジャケット…オーナーの所有欲をくすぐる専用アイテム

オーナーの所有欲をさらにくすぐりそうなのが、数々の「NRINGエディション」専用アイテムだ。

スパルコ製のレーシンググローブとソフトシェルジャケット、「クアドリフォリオ」のカフスリンク、レーシングブーツにインスパイアされたレザー製のオリジナルシューズ、それらを収納することができるスポーツバッグも付属する。

また、18分の1サイズのミニチュアカーのほか、ニュルで行われるドライビング・スクール・コースにも自身の「NRINGエディション」で参加できるという。

「NRINGエディション」が販売されるのはヨーロッパ、中東、アフリカのみ?

2017年の『ジュリア』に続き、この7月にはついにアルファロメオ初のSUVである『ステルヴィオ』も日本に上陸した。

しかし、導入されたのは「ファースト・エディション」で、「NRINGエディション」のアナウンスはない。どうやら、それぞれ108台の「NRINGエディション」が販売されるのは、ヨーロッパ、中東、アフリカ地域のみのようだ。

間違いなくコレクターズアイテムとなる限定モデルだけに、どうしても気になるアルファロメオファンは並行輸入業者に問い合わせてみてはどうだろうか。

Text by Muneyoshi Kitani
Photo by (C) Fiat Chrysler Automobiles N.V
Edit by Takeshi Sogabe(Seidansha)

動画はこちら
Stelvio and Giulia Quadrifoglio NRING オフィシャル動画

editeur

検索