メディア個別 ネイマールと国民的女優の恋愛ゲームはW杯より面白い | editeur エディトゥール

editeur

検索
第1回 | 男を魅了するセクシーな女たち

ネイマールと国民的女優の恋愛ゲームはW杯より面白い

盛り上がったロシアワールドカップが終わり、優勝候補だったブラジルはベスト8で大会を去った。しかし、ブラジルのエースでありサッカー界のスーパースター、ネイマールのゲームはまだ終わらない。なぜなら、大きな大会が終わったことにより、プライベートでひと波乱起こりそうな予感があるからだ。その波乱とは、最愛の恋人、ブルーナ・マルケジーニとの恋の行方である。はたしてネイマールはゴールを決めることができるのか。

ネイマールとブラジルの国民的アイドルが繰り返す「破局→復縁」の恋愛劇

ネイマールが夢中になっているのは、22歳のブルーナ・マルケジーニ。笑顔にはまだ幼さが残るが、子どものころから映画やドラマの第一線で活躍するトップ女優で、ブラジルでは知らぬ者がいない国民的アイドルだ。

ふたりの交際は、2012年8月、知人を通じてブルーナの電話番号を手に入れたネイマールの積極的なアプローチによって始まった。同年10月にネット上にキス写真が流出し、翌年にはふたりが交際を正式に発表。スーパースターと国民的アイドルの交際に、ブラジル中が大騒ぎになったという。

もっとも、多くのブラジル国民は、ふたりの関係が長くは続かないと見ていたようだ。なにしろネイマールは美女たちとデートを重ねるプレイボーイで、2011年8月には元恋人との間に男児をもうけている。国民的アイドルを恋人にしたネイマールへの嫉妬心も手伝い、多くの人がこの交際に懐疑的だったのだ。

結果的に、その予感は見事に的中する。最初の破局は交際開始から1年後。それぞれの異性関係への嫉妬心から言い争いになり、別れ話へと発展した。以来、よりを戻してはまた破局というサイクルを繰り返すのである(下の写真の左がブルーナ、右がネイマール)。

(C) Ramey/amanaimages

リオ五輪、ロシアW杯…重要な大会後にネイマールとブルーナの関係は動く

ネイマールとブルーナの恋愛ドラマがもっとも注目を集めたのは2016年8月のリオ五輪でのことだ。

この大会にオーバーエイジ枠で出場したネイマールは、サッカー代表チームのキャプテンとしてブラジルに金メダルをもたらす。歓喜の瞬間、ネイマールがスタンドに駆け寄って抱きしめたのはブルーナ。これを機に三度目の交際が始まり、2017年にはネイマールがプロポーズするのだ。しかし、ブルーナは「まだ若すぎる」とそれを拒否。つまり、またもや破局である。その後、ネイマールは2018年元旦にブルーナの写真をインスタグラムにアップし、四度目の交際開始を宣言している。

これまでの例を見ると、ふたりの関係はネイマールが大きな試合に出場したあとに大きく揺れ動く。ブラジルはロシアW杯で敗退したが、ネイマールは私生活でも敗れるのか、それともゴールを決めるのか? 世界中がネイマールとブルーナのゲームを手に汗を握りながら見守っている。

Text by Kiyoshiro Somari
Photo by (C) Pacific Coast News/amanaimages(main)
Edit by Takeshi Sogabe(Seidansha)

editeur

検索