メディア個別 このルーフは必見だ──ロイヤルカップルのためのMINI | editeur エディトゥール

editeur

検索
第11回 | MINIの最新車デザイン・性能情報をお届け

このルーフは必見だ──ロイヤルカップルのためのMINI

結婚祝いのプレゼントというと、ブランド牛や高級フルーツ、食器やクリスタルグラスといったギフトが定番だろうか。手作りのリングピローやフォトフレームを贈る人もいるかもしれない。しかし、いくらプレゼントは金額ではなく気持ちが大切といっても、英国にルーツを持つMINIがヘンリー王子とメーガン妃のロイヤルカップルに贈った結婚祝いは、それらとは桁違いの逸品だ。なんとふたりのために「世界に一台だけのMINI」を作ったのである。

ヘンリー王子とメーガン妃の結婚を祝うために作られた世界に一台だけのMINI

ロイヤルウェディングは英国の公式行事である。セレモニーにはロイヤルファミリーが乗車するさまざまなクルマが登場し、使用されるのはロールス・ロイス、ベントレー、アストンマーチン、ジャガーといった英国のラグジュアリーカーのみ。ボディカラーも深いグリーンなどのブリティッシュネスな色が多い。

しかし、英国由来の自動車ブランドには、ほかにMINIもある。今回のロイヤルウェディングにMINIは登場しなかったが、やはり英国車としてロイヤルカップルをなんらかのかたちでお祝いしたかったのではないだろうか。

そこでMINIは、3ドアハッチバックをベースに、特別な内外装を施したワンオフモデルをふたりのために製作した。それがヘンリー王子(公式な称号はサセックス公爵)とメーガン妃(同じくサセックス公爵妃)にプレゼントされた世界に一台だけのMINI。同社の表現を直訳すると「ロイヤルウェディングのためのMINIデザイン ワンオフ」である。

ユニオンジャックと星条旗をモチーフにした多色塗装のルーフグラフィック

オリバー・ハイマー氏をはじめとするMINIのデザインチームが作ったワンオフモデルは、細部まで凝りに凝った仕立てが施されている。

まず目を奪われるのは、多色塗装されたルーフグラフィックだ。MINIのルーフといえば、一般的にはユニオンジャックのデカールを貼るのが定番だろう。

しかし、このルーフグラフィックは、何色もの塗料が手作業によって多層的かつ細かに塗装されている。デザインの元になったのは、ヘンリー王子を表すユニオンジャックと、アメリカのロサンゼルス出身であるメーガン妃を表すスターズ・アンド・ストライプス(星条旗)だ。

ボディはクリスタルホワイトで、車体上部や側面、後部にはうっすらとマットシルバーのアクセントストライプが走る。フロントグリルのフレーム、ドアハンドル、ヘッドライト・サラウンド、リアのナンバープレート灯といったMINIのデザインアイコンには、薄いブルーブラックのコーティングが施された。

微笑ましいのはボディ側面のサイドスカットル(ウインカー)である。Henryの「H」とMeghanの「M」のイニシャルが刻まれ、中央には「♡」マークが添えられているのだ。

ドアを開けると「Just Married(結婚しました)」の文字が床に映し出される!

インテリアは一転してぐっと渋いサテライトグレーのレザーが基調だ。助手席前のトリムには「MEGHAN ♡ HARRY」の文字、結婚式の日付、そしてふたりへの祝いの言葉が刻まれている。

ドアハンドルには、ルーフグラフィックと同様に、ユニオンジャックとスターズ・アンド・ストライプスをモチーフとするアクセントカラーがペインティングされた。

キッキングプレートには「MINI LOVES YOU」の文字が配され、ドアを開けると、地面に「Just Married(結婚しました)」の文字が映し出される。このへんも心憎い演出といえるだろう。

ワンオフモデルのMINIはチャリティオークションに出品されて全額を寄付

ところで、この一台限りの特別なMINIは、ヘンリー王子とメーガン妃に乗ってほしいためにプレゼントされたものなのだろうか。答えは「NO」だ。

このワンオフモデルは間もなくチャリティオークションに出品される。ヘンリー王子は独身時代からさまざまな慈善活動に取り込んでおり、結婚祝いの代わりに自分たちが選んだ7つのチャリティ団体に寄付してほしいと正式にアナウンスしていた。

その7つのうちのひとつが、英国やアイルランドでHIVに感染した子どもたちを支援する「CHIVA(Children's HIV Association)」だ。このワンオフモデルがオークションで得る売り上げはCHIVAに全額寄付される。

そもそも世界に一台だけの特別なMINIであるし、おそらく高額で落札されることでロイヤルカップルとMINIの善意が報われるのではないだろうか。

Text by Kenzo Maya
Photo by (C) BMW AG
Edit by Takeshi Sogabe(Seidansha)

editeur

検索