メディア個別 リース・ウィザースプーン、新テレビ番組で司会に | editeur エディトゥール

editeur

検索
第796回 | 海外スターの最新ニュースをお届け

リース・ウィザースプーン、新テレビ番組で司会に

リース・ウィザースプーン(42)が、台本なしの新テレビ番組で司会を務める。リースが設立したメディア会社ハロー・サンシャインが、アメリカの大手通信会社AT&Tと共同で『シャイン・オン・ウィズ・リース』を企画しているところだ。

同番組では自ら成功を手にした女性たちを取り上げるそうで、リースも放送をとても楽しみにしていると言う。「クリエイティブで同じような考えを持ったAT&Tの方々と仕事ができて本当に感謝しています。おかげで称賛と尊敬に値する女性たちの声を紹介し、評価を上げるという私たちハロー・サンシャインの目的を、この番組で体現できます」「この共同制作番組を世界中の皆さんにお見せできるのを楽しみにしています。エンターテインメント性、感動、考えさせられるようなありのままの現実がバランス良く盛り込まれた番組です」

同番組へ出演するのは、歌手のドリー・パートン、ピンク、ケイシー・マスグレイヴス、映画監督のエイヴァ・デュヴァーネイ、女優のアメリカ・フェレーラ、スプリンクルス・カップケーキスの創業者でパティシエのキャンディス・ネルソン、補正下着を扱うスパンクスの創業者、サラ・ブレイクリーが予定されている。

ハロー・サンシャインでデジタルメディアとプログラミングを統括するシャーロット・コーは次のように語っている。「『シャイン・オン・ウィズ・リース』は、たまたま女性であったというだけの非凡な才能を持つアーティスト、実業家、指導者の物語をリースと一緒に追体験する番組です。それぞれの話はとても個性的ですが親近感を持てるところもあります」「これは想像を超える物語を女性目線で語るという私たちの目標を示す良い例と言えます」

同番組は17日(火)からストーリーミング配信サービス、ディレクTVナウとハロー・サンシャインのオンデマンド配信でプレミア公開される予定だ。

テレビドラマ『ビッグ・リトル・ライズ』では製作総指揮と初主演を務めたリースは、新番組『シャープ・オブジェクト』で同様に二足のわらじを履くエイミー・アダムスからその多彩な才能を称賛されていたばかりだった。

editeur

検索