MINI画像01_R(2)
- スーパーカーブランド【MINI】 -

MINIがビッグマイチェン──初めて輸入車に乗る大人へ

MINIは、とにかくライナップが豊富だ。3ドア、5ドア、コンバーチブル、クラブマン、クロスオーバーの5タイプがあり、パワートレインも、ガソリン、ディーゼル、プラグインハイブリッドが存在する。なかでも、基幹モデルとされているのが、ハッチバックをベースにした『3ドア』『5ドア』『コンバーチブル』の3車種。現行モデルは2013年に発売された第三世代だが、先日、パワートレインを含めたビッグマイナーチェンジを果たした。

日本人にもっとも愛されている輸入車『MINI』がビッグなマイナーチェンジ

『ローバーミニ』がBMW傘下となり、『BMW MINI』へと生まれ変わってから16年の月日が流れた。40年以上の歴史を重ねた『ローバーミニ』が偉大だっただけに、当初は「ミニじゃない」といった声も少なくなかったと記憶している。しかし、『MINI』はセールスでもブランド構築でも、見事に成果を残した。

2017年の年間販売台数は約2万5000台。これは、2009年の2倍以上となる。『ローバーミニ』はとりわけ日本で高い人気を誇ったが、『MINI』も同じく日本人に愛された一台といっていいだろう。

それだけに、『MINI』のモデルチェンジは、それがマイナーチェンジでも注目を集める。今回はパワートレインも変更するビッグマイチェンなのでなおさらだろう。

変わらないことがいい…MINIにデザイン上のサプライズはあってはならない

そう煽ってはみたが、写真を見ただけでは、どこが変わったのかすぐにはわからないかもしれない。しかし、ファンにとっては「それがいい」のだ。

キープコンセプトの外観を貫くことで、『MINI』は誰がみても『MINI』だとひと目でわかる存在と成り得た。言い方を変えると、「これがMINI?」というサプライズはあってはならないのだ。

もちろん、今回も『MINI』のデザインアイコンである丸型ヘッドライト、六角形グリル、クローム・パーツといった要素はそのままだ。とはいえ、細部に目をこらせば思わずニヤリとする。

リアのコンビネーション・ライトは、ルーツであるイングランドを感じさせるユニオン・ジャックのデザイン。左右非対称なデザインとすることで、個性をより際立たせた。また、ロゴは最新のCI(コーポレートアイデンティティ)に基づく新作で、最近のトレンドに合わせて、立体的な形状からシャープで平面的なスタイルに変更された。

iPhoneで『MINI』を遠隔操作、つながる機能でユーザビリティがより向上!

内装も大きな変更はないが、機能面では進化が見られる。車載通信モジュールにより、ドライバー、クルマ、そして、それらを取り巻く周辺環境をITネットワークでつなぐ「MINIコネクテッド」を『MINI ONE』以外に標準搭載した。

「MINIコネクテッド」のおもな機能は、「MINIコネクテッド アプリ」「MINIオンライン」「MINIドライバー・サポート・デスク(オプション)」の4つ。

「MINIコネクテッド アプリ」は、iPhoneを利用して車両を遠隔操作できるサービスで、車外からドアをロック・アンロックしたり、半径1.5km圏内に駐車した車両の位置を地図上で確認したり、車外からベンチレーションを起動させたりすることが可能となっている。

「MINI オンライン」は、車載通信モジュールを利用して、車内のコントロール・ディスプレイから最新ニュースや天気予報をチェック・検索することができる。

「MINIドライバー・サポート・デスク(オプション)」は、車両の電話機能を活用してサポート・デスクに電話をし、24時間いつでも、さまざまな問い合わせが可能。これら以外では、オプションでiPhoneとクルマをつなげるカー・インフォテイメント機能「Apple CarPlay」の使用が可能となった。

ほかにも、エアバッグが展開するような深刻な事故が発生したとき、車両から自動的にSOSコールを発信したり、車両が自動的にすべての整備関連のCBSデータを指定されたMINI正規ディーラーに送信したりする機能も搭載している。

新型『MINI』は、2種類のパワートレインに4種類の新型ミッションを設定

走行性能でのトピックスは、新型トランスミッションの採用だ。ガソリンエンジン搭載車には、7速DCT(ダブル・クラッチ・トランスミッション)を、ハイスペックモデルの「ジョン・クーパー・ワークス」には8速スポーツATを搭載する。これらは、燃費性能の向上も図りつつ、よりダイレクトな走行を可能とした。

パワートレインは、1.5L直列3気筒ツインパワー・ターボと2.0L直列4気筒ツインパワー・ターボの2種類で、それぞれにガソリンとディーゼルを設定。トランスミッションとの組み合わせは以下の通りだ。

(1)1.5L直列3気筒ツインパワー・ターボ(ガソリン)×6速MT・7速DCT
(2)1.5L直列3気筒ツインパワー・ターボ(ディーゼル)×6速AT
(3)2.0L直列4気筒ツインパワー・ターボ(ガソリン)×6速MT・7速DCT
(4)2.0L直列4気筒ツインパワー・ターボ(ディーゼル)×6速AT
(5)2.0L直列4気筒ツインパワー・ターボ(ガソリン)×6速MT・8速スポーツAT

(1)はモデル名のみ、(2)はモデル名+D、(3)はモデル名+S、(4)はモデル名+SD、(5)は「ジョン・クーパー・ワークス」にのみ搭載されるといった法則がある。

新型『MINI』のラインナップは計14モデル、価格は238万円から523万円

発表されたモデル数は、『MINI 3ドア』が6モデル、『MINI5ドア』が5モデル、『MINIコンバーチブル』が3モデルの計14モデル。

『MINI 3ドア』は、「ONE」「クーパー」「クーパー D」「クーパーS」「クーパーSD」「ジョン・クーパー・ワークス」。『MINI 5ドア』は、「ONE」「クーパー」「クーパー D」「クーパーS」「クーパーSD」。『MINI コンバーチブル』は、「クーパー」「クーパーS」「クーパーSコンバーチブル」「ジョン・クーパー・ワークス コンバーチブル」といったライナップである。

すでに日本での発売は始まっており、価格は238万円(『MINI ONE 3ドア』)から523万円(『MINIジョン・クーパー・ワークス コンバーチブル』)まで。

特に3ドアの1.5Lガソリンモデルは300万円以下と、輸入車コンパクトカーのなかでは求めやすい価格帯だ。作りもBMW傘下ならではのプレミアム感があるので、コストパフォーマンスがいい一台といえる。『MINI』の熱心なファンはもちろんだが、初めての輸入車を検討している人におすすめしたい。

Text by Tsukasa Sasabayashi
Photo by (C) BMW AG
Edit by Takeshi Sogabe(Seidansha)