RSソファ01_R(2)
- 住まいをもっと豊かにする家具家電 -

全世界55台限定。Rockのシンボル「Lips & Tongue」がソファに

「Rock」をビジュアル化すると? というアンケートを全世界でとったとして、おそらくもっともメジャーな回答となるのは、真っ赤な唇から大胆に飛び出す長い舌が印象的な“あのロゴ”かもしれない。公式には「Lips & Tongue」と呼ばれる“あのロゴ”は、言うまでもなくロック史上の頂点に君臨するザ・ローリング・ストーンズのもの。登場以来Rockのシンボルとして、ブートレグを含めさまざまなグッズに取り入れられてきた。今回の「ザ・ローリング・ストーンズ ソファ」は、まさにその極めつけ。全世界55台限定という、激レアなオフィシャル・アイテムなのだ。

優秀な日本の造形職人が「Lips & Tongue」の世界観をも立体的に表現

“(I Can't Get No) Satisfaction”や“Jumpin’ Jack Flash”などの名曲を生み出した、イギリスのロックバンド、ザ・ローリング・ストーンズ。1962年の結成以来、R&Bやロックンロールをベースとした曲とサウンド、そしてライブでの圧倒的なパフォーマンスで、現在も“生ける伝説”として世界を魅了していることは、音楽ファンならずとも周知の事実である。

そのバンドの公式ロゴとなるのが「Lips & Tongue」。アンディ・ウォーホルがデザインを手掛けた1971年リリースのアルバム『Sticky Fingers』で大々的に使われて以来、彼らがリリースしたアルバムやシングル、そしてツアーポスターなど、あらゆるアイテムで使用されてきた。ちなみに、2016年の最新アルバム『Blue & Lonesome』のジャケットには、青い「Lips & Tongue」がデザインされている。冒頭でも記したように「Lips & Tongue」は、もはやストーンズという存在すらも超えた、Rockのシンボルそのものといって過言ではないだろう。

そんな「Lips & Tongue」だが、過去にもさまざまな商品に取り入れられており、なかには高額で取引されるコレクターアイテムとなったものも少なくはない。そして、今回発売された「ザ・ローリング・ストーンズ ソファ」もまた、コレクターアイテムと化すこと必至の逸品となることは間違いないだろう。なにしろ、「Lips & Tongue」をそのまま立体化したというだけではなく、インテリアソファとしてのクオリティを追求すべく、著名なランドスケープやテーマパークの造形を手掛けたという日本屈指の造形職人が製作に参加しているのだから。

空間をたちまちRockにする強烈な存在感。記念トロフィーの特典も。

ハンドメイドで製作される完全受注生産品となる「ザ・ローリング・ストーンズ ソファ」。背面のステンレスプレートには、No.1~No.55のシリアルナンバーと、限定品である「Limited Edition」の文字が刻まれる。ちなみに、シリアルナンバーは販売順となるため、番号を選ぶことはできないとのこと。
購入者にはシリアルナンバー入りのクリスタルトロフィー(W90×D90×H106mm、透明アクリル製)が付属する。こうしたプレミアム感は、マニアックなコレクターならずとも心踊らされるものがあるに違いない。なおシリアルナンバーNo.0のソファは、ザ・ローリング・ストーンズへ贈呈されるそうだ。

もちろん、ソファとしてのクオリティにも妥協はない。特殊な形状を作り出すための素材としてウレタンフォームを採用したほか、特殊コーティングが施されており、やや硬めの座り心地ではあるというが、そこがまた、何者にも屈しないアウトロー精神を持ち続けるストーンズのアイデンティティーを表現しているかのよう。何より「Lips & Tongue」の強烈なデザインが、どんな空間をも瞬時に「Rock」に変えてしまう、絶対的な存在感を放つのである。
なお、ファン垂涎の逸品であるソファの受注は2019年2月28日までとなっている。価格も税抜196万2000円と、ロック・レジェンドにふさわしいバリューだが、この機会を逃せば現状の価格で入手することは、まず不可能だろう。ストーンズのように、いつまでも反骨とRockの精神を持ち続けたい男たちよ、迷わず急げ!

Text by Tamotsu Narita
Edit by Kei Ishii(Seidansha)