モーガン画像01_R(2)
- 世界の名車コレクション -

モーガンに乗ろう──新車で買えるヒストリックカー

クラシカルなオープンカーに乗るおしゃれなシルバーエイジを街なかで見かけることがある。カーガイならその優雅な光景に憧れるものだ。ただ、ヒストリックカーはメンテナンスに手間がかかり、じつは観賞用となっている場合が多い。もっと気軽に乗れるヒストリックカーはないものか? そんなニーズに応える希少なスポーツカーがモーガンである。この4月には、正規インポーターのモーガン・ジャパンが発足。憧れの光景がさらに身近なものとなった。

100年前と同じスタイルのまま、職人のハンドメイドで作られているモーガン

モーガンは、今から100年以上も昔にイングランド中部のウスターシャー州マルヴァーンに誕生した自動車メーカーだ。純粋なイギリス資本の自動車メーカーは、もはやこのモーガンしか存在しない。

驚くべきことに、モーガンのクルマは基本的にその当時と変わらないスタイルのまま作られている。スチール製のラダーフレームにアッシュ材(トネリコ)のボディフレームを載せ、そこにアルミ製のボディパネルを組み合わせているのだ。

古き良き時代の手が込んだ製造工程を守り続けているため、クルマはすべてフルオーダーによる職人のハンドメイド。生産台数は年間700〜800台と非常に少なく、納車まで1年以上待たされることもある。

ただし、搭載するのはフォードやBMWの最新エンジンなので、意外なことにメンテナンスフリー。モデルによってはATも設定されているほどだ。見た目は戦前のクルマだが、じつは現役で生産されている最新モデル。気軽に乗れるヒストリックカーといわれるゆえんである。

日本導入は『4/4』『PLUS 4』『ROADSTER』『3-WHEELER』の4モデル

昔からモーガンのファンは多く、1960年代から日本に輸入されてきた。これまで総代理店として日本の窓口となってきたのはモーガンオートイワセだ。

しかし、2018年4月からはケータハムやKTM X-BOW(クロスボウ)の輸入元であるエルシーアイが正規インポーターとなり、新たに「モーガン・ジャパン」が発足。全国8店舗の正規販売代理店を通じて部品販売やアフターセールスも行うこととなった。モーガンオートイワセもモーガン東京に生まれ変わり、従来通りのカスタマーサービスを継続していくという。

気になるのはどんなモデルが正規輸入されるのかという点だろう。モーガン・ジャパンによると、導入されるのは日本の法規に合致する全4モデルだ。

フォード製の1.6Lシグマエンジンを搭載するもっともベーシックなモデルの『4/4』、そのパワーアップ版となる2.0Lの『PLUS 4』、フォード製の3.7L V6エンジンを搭載するハイパフォーマンスモデルの『ROADSTER』(上の写真)。そして、モーガン最初期のクルマである前2輪・後1輪の3輪自動車を現代に蘇らせた『3-WHEELER』である(メイン写真)。

『3-WHEELER』に搭載されるのは、ハーレーダビッドソンにも採用されるS&S 製の2.0L Vツインエンジン。最高出力は69ps、車重はたったの585kgだ。

モーガンには手放すオーナーがいないので、新車で買っても価値が下がらない

価格は、『4/4』が766万8000円、『PLUS 4』が820万8000円、『ROADSTER』が993万6000円、『3-WHEELER』は766万8000円(いずれも車両本体価格、税込み)。

もっとも、前述したようにモーガンはハンドメイドで作られるので、シャシーとエンジンを選ぶと、ほかはすべてビスポークだ。ボディカラー、内装、細かな仕様、さらにオプションと、自分好みに仕立てていく。したがって上記はスタート価格と考えたほうがいい。

しかし、モーガンには愛車を手放すオーナーがいないため、中古車として市場に出回ることがなく、価値が下がらない。むしろ新車で買うほうがお得なのだ。それにしても、いつの日か、こんなクルマに乗って街なかを優雅に流してみたいものである。

Text by Kenzo Maya
Photo by (C) MORGAN MOTOR COMPANY
Edit by Takeshi Sogabe(Seidansha)