スパイス・ガールズ画像01_R(2)
- 世間を騒がせるゴージャスセレブ -

ポッシュもOK! スパイス・ガールズが再結成するぞ

1990年代の洋楽シーンには多くのガールズグループが登場した。とりわけ大人の男性の記憶に残るのが、イギリスのスパイス・ガールズだろう。1996年のデビュー作『スパイス』は約3100万枚のセールスを記録し、歴史上もっとも売れた女性グループのアルバムとなった。メンバーは5人。このうち“ポッシュ”の愛称を持っていたのがヴィクトリア・アダムズ、つまり現在のヴィクトリア・ベッカムである。そのスパイス・ガールズが再結成に向けて動き出した。

スパイス・ガールズの再結成は、ヴィクトリアにとってメリットが少ない!?

スパイス・ガールズの再結成は、彼女たちが2012年のロンドン・オリンピックの開会式に登場して以来、何度も噂になってきた。そして、そのたびにヴィクトリア・ベッカムによって打ち消されてきた経緯がある。

スパイス・ガールズ時代のヴィクトリアにはソロパートがほとんどなく、どちらかといえばスキニーなスタイルとクールな表情が売りの脇役だった。5人は解散後、それぞれソロ歌手として活動を開始したが、全英No.1ヒットを記録しなかったのもヴィクトリアひとりだけだ。

しかし、彼女は今、ファッションアイコン&デザイナーとして大きな成功を収め、夫のデヴィット・ベッカムは“サッカー界の貴公子”と呼ばれた世界的なセレブレティである。ふたりは米経済誌『フォーブス』が選出する「世界でもっともリッチなセレブのカップル」(2011年)で4位にランクインし、その世帯収入は日本円で約34億円に上る。ヴィクトリアはヘンリー王子とメーガン・マークルのロイヤルウェディングにも夫とともに招待された(下の写真)。

つまり──想像が混じってしまうが──スパイス・ガールズの再結成は、ヴィクトリアにとってはメリットが少ないプロジェクトなのだ。少なくともそう思われていた。
(C) PA Photos/amanaimages

スパイス・ガールズのツアーはあるのか? 新たな映像作品を製作中との話も

ヴィクトリアにどんな心変わりがあったのかはわからない。しかし、彼女は2月にスパイス・ガールズのメンバー全員で撮った写真をインスタグラムにアップし、5人が再結成に向けて動いていることをさまざまな関係者が認めている。

5月にはスパイス・ガールズが新たな映像作品を製作していることも明らかになった。その作品は、カンヌ国際映画祭で公開されて話題となったリアム・ギャラガーのドキュメンタリー『リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ』にインスパイアされたもので、2019年の公開を目指しているという。

ツアーは行われるのか? 新曲の発表はあるのか? 現時点ではすべて不明だ。いずれにせよ、往時を知る大人の男性にとってはうれしいニュースに違いないだろう。

Text by Dan Oshio
Photo by (C) PA Photos/amanaimages(main)
Edit by Takeshi Sogabe(Seidansha)