メディア個別 アップデートされた冒険心──ジャガー・ルクルト ポラリス・ジオグラフィークWT | editeur エディトゥール

editeur

検索
第27回 | 【腕時計】人気&話題のブランド

アップデートされた冒険心──ジャガー・ルクルト ポラリス・ジオグラフィークWT

ジャガー・ルクルト・ブティックでのみ購入できる、世界250本の限定モデル『ジャガー・ルクルト ポラリス・ジオグラフィーク WT(ワールドタイム)』。本作のデザインのインスピレーションの源になったのは、ジャガー・ルクルトを象徴するモデルのひとつである、1968年製の「メモボックス・ポラリス」だ。普段の服装やドレッシーな装いにスポーティなエレガンスさを演出する曲線美を持ちながら、ベースモデルとなった「メモボックス・ポラリス」の大胆さや冒険心が、変わることなく残されている。

世界中を飛び回る行動的な男性たちに最適な数々の先進機能を搭載

42mmの文字盤を使用することで、世界中の都市の時刻を一目で読み取ることができる機能の搭載を可能とした『ジャガー・ルクルト ポラリス・ジオグラフィーク WT』。このタイムピースは、まさに世界を股に掛けるトラベラーを魅了する一本だ。

ブルーから徐々にブラックへと変化する、ポラリスならではの2色のグラデーションが、本作の大きな特徴。スモーキーブルーのダイヤルが深い奥行き感をもたらしている。

ダイヤルを飾っているのは3種類の仕上げ。都市ディスクにはオパーリン仕上げ、2時位置のインダイヤルの日付表示、6時位置の第2時間帯表示、10時位置のパワーリザーブ表示にはサンレイ仕上げ、その他のダイヤル部分にはグレイン仕上げが施されている。

ホワイトとブラックの2つの部分に分割されたデイ/ナイトディスクは、ローカルの都市と第2時間帯に選んだ都市が、昼であるのか夜であるか、瞬時に把握することを可能にしている。また、さりげないながらも視線をとらえるディスクのディテールとなるのが、太陽と月のモチーフ。ホワイト地にブラックの数字と小さな太陽が昼間の時間を、そしてブラック地にホワイトの数字と小さな三日月が夜の時間を指し示している。

「ポラリス」が意味する、アイコニックなタイムピースの起源

『ジャガー・ルクルト ポラリス ジオグラフィーク WT』の魅力を探る上で欠かせないのが、本作を含むポラリスコレクション誕生の背景だろう。今回のコレクションは、3つのリューズが特徴的なジャガー・ルクルトを象徴するモデルのひとつ、1968年製の「メモボックス・ポラリス」にインスピレーションを得ている。アメリカ市場を意識したモデルであることを示唆する「ポラリス」という名前には、かの国の1960年代における大胆さや冒険心が映し出されているのだ。ちなみに「ポラリス」とは、自由やアヴァンギャルドの同義語でもある。「行動的な男性のために」という当時の広告コピーからも、そのスピリットをうかがい知ることができるだろう。

もちろん「ポラリス」の名は、イメージだけのものではない。「メモボックス・ポラリス」は、水中でのアラーム音を高める、特許取得のトリプルケースバックを特徴とするアラーム機能を備えたダイビングウォッチとして、機能面でも革命的な存在となったのだ。

2018年に発表された「ジャガー・ルクルト ポラリス」は、ラグをより短く、ベゼルをよりスリムにすることでクリアな視認性を確保。それでいながら、より限定多岐なスタイルとなっている。正確な機能性とアヴァンギャルドさを兼備えた、ポラリスコレクション。その最新モデルとなる『ジャガー・ルクルト ポラリス ジオグラフィーク WT』は、世界を舞台に活躍する男たちのアヴァンギャルドなスピリットをサポートする、頼もしいタイムピースなのである。

Text by Arata Homma
Edit by Kei Ishii(Seidansha)

商品情報
ジャガー・ルクルト
ポラリス ジオグラフィーク WT
価格:152万5000円(税抜き)
ケースサイズ:42mm
厚さ:11.54mm
キャリバー:936A/1-自動巻
ダイヤル:サンレイ仕上げ、グレイン仕上げ
防水性:100m
機能:時、分、秒表示、24時間ワールドタイム表示、第2時間帯表示、日付表示、パワーリザーブ表示
限定数:250本

【問い合わせ先】
リシュモンジャパン ジャガー・ルクルト 0120-79-1833

editeur

検索