メディア個別 『インクレディブル・ファミリー』がアニメ映画最高記録を樹立 | editeur エディトゥール

editeur

検索
第715回 | 海外スターの最新ニュースをお届け

『インクレディブル・ファミリー』がアニメ映画最高記録を樹立

8月1日に日本公開が始まる『インクレディブル・ファミリー』が、アニメ映画として全米史上最高の公開初週興行収入を記録した。『Mr.インクレディブル』の続編となる同作は、オープニング週で1億8000万ドル(約200憶円)を突破する興行成績を打ち出し、2016年に『ファインディング・ドリー』が樹立した1億3500万ドル(約150憶円)を突破した。

興行収入を分析するポール・ダーガービディアン氏は、この成功がピクサーとディズニーブランドの強さと、効果的なPRキャンペーンにあったと分析し、ヴァラエティ誌にこう話す。「この映画はスーパーヒーローというジャンルが、実写であろうとアニメであろうと観客動員力があることを示しています」「ピクサーとディズニーというブランドのコンビによる完璧なマーケティングと配給戦略は、この映画を見事に典型的な大ヒット作へと仕上げました」

一方でディズニーの配給部門主任キャスリーン・タフ氏は、2004年公開の前作から長く待ちわびられていた続編であったことが勝因の1つとみているようだ。「私たちは感激しています。ブラッド(バード監督)とスタッフ一同は、みんなに愛される素晴らしい映画を作ってくれました。完璧な勢いでしたね」

前作でフロゾンことルシアス・ベスト役の声を務めたサミュエル・L・ジャクソンは先日、10年以上に渡って続編の製作予定について頻繁に尋ねられていたことを明かしていた。「過去10年か12年くらいかな、週5,6回は誰かしらに聞かれてたよ」とサミュエルは話していた。

ピックアップ

editeur

検索