20代女子に聞く!モテオヤジの条件/出会った日に美女を落とせる40男のブランディング力
- 【モテ技】女性がされたい40男のアプローチ法 -

出会った日に美女を落とせる40男のブランディング力

恋愛は、スタートダッシュをどう切るかが大事だ。しかし、恋愛経験豊富な美女たちは、色々な男性から口説かれ慣れているため、なかなか落とせない。40代のモテ男は、分かりやすいアピールの使いどころが上手なのだ。出会ったその日に恋心が芽生えたという美女から男の上手なブランディングについて教えてもらった。

■今回のアドバイザー女子
事務職 Aさん 29歳

Aさん「当時、私が27歳のとき46歳の彼がいました。出会いは、アイリッシュバーでのナンパ。話の流れから、彼は地方で飲食店の経営をしている人ってことはわかりました。もちろん、最初は“軽い人なんだろうな”って少し警戒していて。でも、話は面白いし、経営者で成功している男性なのに、偉ぶった様子もない。むしろ『事業に失敗して億単位の借金があった頃もあってさ。今はたまたま成功したんだけど』って、平然と話すんです。

私には到底想像もつかないような壮絶な人生を歩んでいるんだな、って思いました。やっぱり、出会ったばかりの男性に対して興味を持つのって、“ミステリアスさ”があることが重要ですよね。彼は、自分からは話さず、一緒に居た友だちから促されて体験談を話していました。しかも、大変な思いをしているのに、一歩引いた態度で話していたから、より一層気になっちゃったんですよね。

それともう一つ。彼にはお抱えの占い師さんがいるらしいんですね。その占い師さんから言われたラッキーナンバーを車のナンバーにしているって話していて、なんと、その数字が私の誕生月と日にちだったんです! 『運命だね』って彼に言われてちょっとドキっとしちゃった。占いとか、運命って本気で信じているわけじゃないけど、この状況だとテンションが上がっちゃいますよね。ナンパされて、誕生日が車のナンバーと同じで…。少しドラマチックな展開に背中を押されて、“また会いたいな”って思うようになりました」

ミステリアスさを見せることがすべて

Aさん「連絡先は交換したものの、きっと彼はすぐに忘れるんだろうなって期待せずにいたんです。でも、忘れる間もなく、メルマガのようにどこへ行ったとか、何を食べたとか連絡がきました。『今、六本木に居るんだけど会える?』とか結構強引に誘われることも。でも、こういう誘われ方も嬉しいなって思いましたね。“会いたい”っていう意思を感じたし、アピールされるのも嬉しくて。初デートでは、軽い女だと思われたくなかったから、体の関係にならないようにしました。夜遅かったし、タクシーで帰るし、彼のこといいなって思ってたから少しは期待してましたけど(笑)。でも、引き止められなかったんです! 内心ホッとしつつも“引き止めないのかよ!”って思う自分も居ました。3回目のときに彼から『飲み直すぞ、部屋で』って誘われてから、深い付き合いをするようになったんです。初めて知り合ったときもそうですが、“なんだろう?”って思わせるところが多いと、女性の方から気になっちゃうんですよね」

最後にアドバイザーからひと言

「40代男性は、ミステリアスさを演出すると女性の気を引ける!」

Text by Unyo Mura

Illustration by Ayako Sakamoto