メディア個別 ピート・デヴィッドソン、元恋人のタトゥーを除去 | editeur エディトゥール

editeur

検索
第699回 | 海外スターの最新ニュースをお届け

ピート・デヴィッドソン、元恋人のタトゥーを除去

ピート・デヴィッドソン(24)が元恋人の顔を描いたタトゥーを除去した。アリアナ・グランデ(24)との婚約が囁かれているピートは、右腕の内側に入っていた元恋人カジー・デイビットの顔を除去したようだ。

そのことは、インスタグラムのストーリーに投稿された上半身裸のビデオの中で、そのタトゥーが入っていた部分が黒く塗りつぶされたようなかたちになっていることに気づいたファンたちによって明らかになった。

ピートとカジーは2年間におよんで交際しており、破局したわずか数日後にピートがアリアナとの交際をスタートさせていた。

ピートとアリアナは交際を始めてわずか数週間しか経っていないものの、近々結婚を考えていると言われているところだ。2人から婚約発表はなされていないものの、友人たちはアリアナが夢だった「ウィンター・ワンダーランド」をテーマにした結婚式を考えていると明かしていた。

そのうちの1人は「アリアナは15歳の頃から結婚について口にしていたんです。10代の頃はいつも結婚式のことを夢見ていて、いつか特別な人と結婚式をするんだと友人たちに電話で話していたものです。アリアナは冬の結婚式についても話していました。ちょっと寒いですが、ウィンター・ワンダーランドのテーマでやるというアイデアが気に入っていたようです。そんな彼女の雪の中での結婚式という面白いアイデアについて私たちはよく笑っていたものです」と語っている。

そしてアリアナは兄のフランキーにバージンロードを一緒に歩いてもらいたいようで、その友人は「彼女はお兄さんと一緒にバージンロードを歩いてもらうとよく言っていました」「あの2人はとても親しいので、お兄さんがその役にぴったりだと感じたようです」と続けた。

editeur

検索