メディア個別 ダミアン・ルイス、話題のクエンティン・タランティーノ監督最新作にキャスト入り | editeur エディトゥール

editeur

検索
第680回 | 海外スターの最新ニュースをお届け

ダミアン・ルイス、話題のクエンティン・タランティーノ監督最新作にキャスト入り

ダミアン・ルイスがクエンティン・タランティーノ監督最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』にキャスト入りした。『HOMELAND/ホームランド』などで知られるダミアンは、凶悪犯罪者チャールズ・マンソンをテーマにした同作でスティーブ・マックイーン役を演じる。

そのほかにも今回、ダコタ・ファニングがマンソン・ファミリーのスクィーキーとも呼ばれるリネット・フロム役、ニコラス・ハモンドが監督のサム・ワナメイカー役、エミール・ハーシュが被害者の美容師ジェイ・セブリング役に決定したほか、ルーク・ペリーとキース・ジェファーソンもキャスティングされたとデッドラインは伝えている。

先日には、マンソン・ファミリーが定住していたスパーン・ランチのオーナーであるジョージ・スパーン役にと、バート・レイノルズがタランティーノからアプローチされたことが報じられていた。

1969年のハリウッドを舞台に西部劇のスター、リック・ダルトンとそのスタントマンのクリフ・ブースを描くこの作品では、レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットがすでに出演契約を交わしたと言われているほか、マーゴット・ロビーもマンソン・ファミリーに殺害されたシャロン・テート役で契約間近とみられている。

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は2019年に公開予定だ。

ピックアップ

editeur

検索