メディア個別 カイエンE-ハイブリッド──ポルシェは電動化に本気だ | editeur エディトゥール

editeur

検索
第37回 | ポルシェの最新車デザイン・性能情報をお届け

カイエンE-ハイブリッド──ポルシェは電動化に本気だ

ラグジュアリーSUVブームの火つけ役であり、牽引役でもあるポルシェ『カイエン』。ラグジュアリーSUVを“ブーム”から“定番”へと引き上げた立役者といってもいいだろう。人気はとどまるところを知らず、いまだ憧れのクルマとして君臨し続け、ポルシェの稼ぎ頭となっている。その理由のひとつが、絶え間ない進化だ。先代『カイエン』はほかのプレミアムSUVに先駆けてPHV(プラグインハイブリッド)を設定。次世代のプレミアムSUVの方向性を示唆した。2017年にデビューした3代目モデルにも『カイエンE-ハイブリッド』の設定が噂されていたが、今回、ついに正式発表となった。

『カイエンS』よりも速い3L V6ターボエンジン+モーターのパワートレイン

最新のポルシェが最良のポルシェ──。『カイエンE-ハイブリッド』は、その言葉を地でいく一台だ。なにより、動力性能の進化が著しい。パワートレインは、ベースモデルである『カイエン』と同じ3.0L V型6気筒ガソリンツインターボにモーターが組み合わされる。

ガソリンエンジンの最高出力は340ps(250kW)、最大トルクは450Nm(332 lb-ft)。モーターは最高出力136ps、最大トルク400Nm(295 lb-ft)。パワートレイン全体では、最高出力462ps(339kW)、最大トルク71.4kgmとなる。

ちなみに、先代の『カイエンS E-ハイブリッド』は、最高出力が416ps、最大トルクが490Nmだった。

トランスミッションには、新開発の8速AT(ティプトロニックS)が組み合わされ、0ー100km/h加速は5秒、最高速は253km/hに達する。これは、先代の0-100km/h加速5.9秒、最高速度243km/hはもちろんのこと、現行型『カイエンS』の0-100km/h加速5.2秒、最高速度265km/hをも上回る数字だ。

EVとして44kmを走行可能、『カイエンE-ハイブリッド』の驚きの燃費性能

PHVの魅力は、動力性能だけではない。EV(電気自動車)としての走行が可能で、燃費が向上することもメリットのひとつだ。

『カイエンE-ハイブリッド』は、先代から3割近く増量した14.1kWhのバッテリーを搭載。EVとして最長44.1kmの走行が可能となった。EVとしての最高速度は135km/hなので、高速走行も可能である。

燃費は装着するタイヤによって異なるが、NEDO(新欧州ドライブサイクル)では約29.4〜31.3km/L(EVとしては4.8〜4.9km/kWh)を達成している。

気になる充電時間だが、標準の3.6kW充電器を使って230V10Aの電源から充電すると7.8時間。オプションの7.2kW充電器で230V32Aの電源から充電すれば2.3時間でフル充電が可能だ。

この充電プロセスは、先進のインフォテイメントシステム「PCM(ポルシェ・コミュニケーション・マネジメントシステム)」を介して管理ができ、スマートフォンの「ポルシェ・コネクト」アプリを使えば、リモートでも操作できる。

E-ハイブリッドのエコロジーさを象徴するアシッド・グリーンのエンブレム

エクステリアに関しては、ほぼ『カイエン』『カイエンS』を踏襲している。全体の印象は、エレガントな流線形。大型のフロントのエアインテークはスポーティさを、水平のライトエッジはワイドで堂々とした佇まいを演出している。

PHVとわかるのは、エコを感じさせるアシッド・グリーンのブレーキ・キャリパーや、同色で縁取られたエンブレムくらいだろう。

インテリアにもほぼ変化はない。ただしオプションとして、ポルシェのモデルとしては初めて「ヘッドマウントディスプレイ」を採用。また、22インチ軽量合金製ホイールやオハイブリッド・システムを最適制御する「インノドライブ」なども準備された。

先代の『カイエンS』に「E-ハイブリッド」が存在するように、もしかすると、いずれは新型の『カイエンS E-ハイブリッド』も発表されるかもしれない。日本上陸はアナウンスされていないが、今からさらなる進化を期待してしまう。

Text by Tsukasa Sasabayashi
Photo by (C) Porsche AG
Edit by Takeshi Sogabe(Seidansha)

動画はこちら
Porsche Cayenne E-Hybrid オフィシャル動画

editeur

検索