メディア個別 サンドラ・ブロック、ハリケーン・カトリーナがきっかけで養子縁組!? | editeur エディトゥール

editeur

検索
第668回 | 海外スターの最新ニュースをお届け

サンドラ・ブロック、ハリケーン・カトリーナがきっかけで養子縁組!?

サンドラ・ブロック(53)が養子縁組を決めたのは、ハリケーン・カトリーナのインパクトがきっかけだったという。ルイス君(8)とライラちゃん(5)という2人の養子を迎えているサンドラだが、2005年にアメリカを襲った大型ハリケーンが来るまで、養子を迎えることなどまともに考えたことがなかったという。

カトリーナにより大被害を被ったニューオーリンズ出身のサンドラは、テレビ番組『トゥデイ』で涙目になりながら、「養子のことは考えたことがあったわ。『やめとこう』ってね。そしたら(ハリケーン)カトリーナが起きたの。泣きそうになるわ。カトリーナはニューオリンズで起きたんだけど、なぜか『私の子供がそこにいる』って思っちゃったの。変な話よね」と当時を思い起こし、初めて子供を抱きしめた時にはすぐに自然に感じたそうで、「ルイスを見たら『ああ、ここにいたのね』って気分になった。まるでずっといたみたいにね」「あの子は私の腕にフィットしたのよ。それで、私の目を見つめていたの。私の子供は賢い子よ」と続けた。

2010年にジェシー・ジェームスと離婚したサンドラは、母親業というものがどういうものかよく分かっていなかったそうだが、長年人から言われていたことが、実際に子供を初めて見た時に納得できたと明かしている。「私がずっと言われていたことなんだけど、『完璧な子供があなたのことを見つけ、あなたが自分の子供を見つける』っていう格言があるのよ。でも、その時が来るまで、信じないものでしょ。『私の家族はどこ?』って思っているような時にはね」「でも実際にそうなった時に、言われていたことが心から納得できるの」

そしてルイス君が2人目を迎えるように促したようで、サンドラの友人たちが自分の娘たちについて話していた際、ルイス君はすぐに妹ができると口にしていたという。

2015年に2人目のライラちゃんを迎えたサンドラは、「この時に私は、この子は何かを分かっているのかもって思わされたの。今から思えば、ライラが生まれた頃のことなのよ」と語った。

ピックアップ

editeur

検索