メディア個別 見た目が9割? 40男にファッションセンスが必要なワケ | editeur エディトゥール

editeur

検索
第31回 | 【モテ技】女性がされたい40男のアプローチ法

見た目が9割? 40男にファッションセンスが必要なワケ

10年前に大ベストセラーになった新書『人は見た目が9割』を覚えているだろうか。この本には、言葉以外の与える情報が印象を左右するという内容だ。非言語コミュニケーションの入門書だが、美女たちの証言を読み解くとやはり同書のテーマに間違いはないことがわかる。恋愛のはじまりは「見た目が9割」。ファッションセンスの大事さを20代女子に指南してもらった。

■今回のアドバイザー女子
事務職 Aさん 29歳

エレガントな印象のAさんは、会話のテンポが早く知的なトークも楽しめる美女だ。自分の意見を持ち、芯のあるしなやかな女性という印象。

付き合う男性の年齢がどんどん上がって…

Aさん「20歳のときに24歳の男性と付き合ったのが最初の年上彼氏です。その後、自分が年を取るたびに5歳ずつ付き合う男性の年齢も上がっていきました。21歳では27歳、22歳のときは34歳という感じ。ついに、私が27歳のとき46歳の男性とお付き合いしました。それくらい、恋愛対象になる男性は年上じゃなきゃイヤだったんです」

こなれ感が40代男性を魅力的にする

Aさん「46歳の彼は、適度にぬけ感のある男性でした。全体のたたずまいが“こなれてる”っていうか。ブランド物をさりげなく取り入れたコーディネイトが上手でしたね。私、ルイ・ヴィトンを持っている男性はイヤらしい感じがして嫌いだったんですが、彼を見ていたら“アリかも”って思えました。

物の選び方にセンスが表れていました。たとえば、ストライプよりもシャドウストライプを選ぶんです。わかりにくさのなかに、彼のこだわりが見えますよね。他にも、白いTシャツだけど、だらしなく見えない切りっぱなしのTシャツだったり、デニムも普通のじゃなくクラッシュだったり。自分の見せ方がわかってたんだと思います」

ダサ男はエリートでもドン引きしちゃう

Aさん「ブランド物って、持ち慣れてないとイヤミっぽくなるじゃないですか。彼は、一泊旅行用のボストンバッグもヴィトンで。しかも、3〜4種類持っているから、普段使いのために機能性とかも考えてヴィトンを使ってるんだなって思いました。いさぎよく、サラっと持っていると自信満々で持ち慣れていて、トータルのバランスもよく見えるから印象がアップしました!

ファッションは男性を見る上で、絶対に印象を左右します。実は、以前センスがない男性で失敗した経験があって…。大学生のときでしたが、34歳の超エリート男性と何度かデートしていたんです。知り合ったときは、その男性がスーツを着ていたので“育ちのいい好青年”に見えました。人柄もいいし、顔も悪くないし、イイかも! ってテンションが上がっていたんですね。食事デートと花火デートをして、休日にディズニーランドへ行くことに。

それまで、ずっと彼が仕事帰りだったのでスーツで。初めて私服を見たとき衝撃を受けました。チノパン、Tシャツ(surfというロゴ)、ネルシャツ、セカンドバッグという出で立ち。絶句してそのまま帰ろうかと思ったほど引いちゃったんです。その後もランド内では、一定の距離を保って“知り合いじゃないです風”を装って、よそよそしい距離感で過ごしました(笑)。スーツマジックってあるんですね」

見せ方を知っているのが大人の男

Aさん「やっぱり、ファッションで損するのってすごくもったいないです。中身がどんなによくても、そこで対象外にされちゃうので。年相応といいますが、老け込んでしまう可能性もあります。40代の大人の男性は、自分が好きな服と似合う服をちゃんと理解して、見せ方を知っているのがいいと思いますよ」

最後にアドバイザーからひと言

「40代男性のファッションは大人のたしなみです」

Text by Unyo Mura

editeur

検索