メディア個別 年の差婚・カップルの事情を知って好きな人との年齢差を乗り越える | editeur エディトゥール

editeur

検索
第7回 | 【モテ技】○○な関係への秘密テク

年の差婚・カップルの事情を知って好きな人との年齢差を乗り越える

気になる相手との年の差が気になる。近年では年の差婚や年の差カップルも増えてきたとはいえ、自分ごととなると躊躇する人もいるだろう。ただ世の中には、年上が好きなひとも年下が好きなひともいるのは事実だ。どのように年齢差を乗り越えてきたのだろうか。年の差カップルにまつわる知っておきたいことをご紹介する。

年の差と感じる年齢は?

一般的に7歳以上年齢に差があるカップルは年の差カップルと言われている。特に20代女性との恋愛は年の差を感じる傾向にある40代男性が多い。20代女性からの株は上昇傾向にあり、年の差恋愛を好む女性も増えつつあるのだ。

20代女性から見た40代男性は?

20代女性から見て20代男性は落ち着きがなく、会話が幼く感じるようだが、40代男性は相談に載ってもらえて会話を楽しめると好評である。会話が弾めば弾むほど、また会いたいという気持ちが大きくなる。また、既婚者だと認識していても自然なエスコートに魅力を感じて身を任せてしまうこともあるという。

関連リンク:40代だから出せる男の魅力に20代女子も惹かれる

20代の女性からは40代が一番相性が良いという声も

40代男性との恋愛は、夢見がちな20代女性にとってお姫様気分でロマンチックな恋愛を楽しめるという。20代や30代男性とは違い包容力があり、資金や経験が豊富なため日常生活にはない特別感を味わえることが相性がいいと思う理由の大きな要因である。

関連リンク:年の差があるから恋愛に現実感を 持ち込まないで済む

40男の「キモイ」と「ステキ」その境界線も

「気持ち悪いオヤジ」と「ステキなオジサマ」は、外見よりも内面的な部分に違いがある。ルックスがよくても下心丸見えだと「気持ち悪いオヤジ」となり、スタイルが悪くても下心を隠して相手に合わせてアプローチできれば「ステキなオジサマ」と認識されるのだ。40代男性の内面に秘めた魅力を20代女性は求めているのである。

関連リンク:年の差がある相手の気持ちに合わせられているか

年の差にも限度はある

年の差恋愛にも気をつけるべきことがある。それは、18歳未満の少女との恋愛だ。ほとんどの都道府県に青少年保護育成条例が存在し、淫行は罰せられる。しかし、罪に問われない場合ももちろんある。それは、互いに恋愛感情があり、真剣な交際であること。つまり、プラトニックなお付き合いの場合だ。18歳未満の少女との恋愛には注意が必要である。

関連リンク:年の差にも限度があるのでご注意を

年の差カップルになるきっかけは?

知り合いになるきっかけは?

知り合いになるきっかけは誰もが経験したことのある関係から誕生していることが意外と多いのである。たとえば、高校や家庭教師など先生と生徒の関係や、店長とアルバイトの関係、同じ職場の上司と部下の関係などがあげられる。他にも、夜のお店でのキャバ嬢やスナックのママと客の関係やお見合い、ネットがきっかけとなった出会いも増えている。

好きになるきっかけは?

上下関係のある関係でも恋愛に発展させることはできる。女性は年上男性の落ち着きや包容力、大人な対応や大人の色気に魅力を感じるという。また、意外な姿を見せることも有効的だ。頼りになる男性が風邪などで弱った姿を見せた時やクールな上司が照れ笑いをする姿など女性はギャップにとても弱いといえる。

関連リンク:恋愛を意識しない関係から一気に…

年の差婚・カップルのメリットは?

年の差婚・カップルのメリットも知っておこう。男女ともにそれぞれの立場から考えられるメリットをご紹介する。

1.彼女・妻が年下の場合のメリット

相手が年下の場合、男性を立ててくれるため男のプライドを保てることで自信に繋がる。また、少し背伸びして無理をする様子や甘えてきたり、ワガママを言ってきたりする様子が可愛くて魅力的に感じるのだ。

年下女性を包み込む

年下女性は構ってほしい気持ちが強いため、会えない時間に寂しさが募ってしまう。忙しくて会う時間が少なくても、女性の気持ちを汲み取って共感し、口に出して伝えることで心が満たされていく。女性の気持ちごと包み込める男性が紳士的と言えよう。

関連リンク:年の差カップルだからこそできる気遣いもある

2.彼女・妻が年上の場合のメリット

相手が年上の場合、自分の弱みを見せて甘えることができるため、安心感を得られる。また、相手がしっかりしていて精神的にも安定していることや、知識が豊富なことで尊敬できる部分も多いと言えよう。

3.彼・夫が年下の場合のメリット

女性が考える相手が年下のメリットは、エネルギッシュで将来性があることや体力があって若々しいのでアクティブな付き合いができることがあげられる。それ以外にも、一生懸命尽くしてくれたり、背伸びしてリードしてくれるところや母性本能をくすぐられる可愛さがあるところも魅力的と感じる部分である。

4.彼・夫が年上の場合のメリット

彼や夫が年上の場合、女性は落ち着きや包容力があり、甘えられることをメリットと考えている。また、経済力があり、人生経験が豊富で大人な余裕があるところも、安心して一緒に過ごせる魅力となるのだ。

番外編

年の差恋愛は違う価値観に触れることができる

40代男性と20代女性では、ジェネレーションギャップは当然でてくる。趣味や好きなことが異なる場合もあるだろう。しかし、そこで諦めずにあえて違う価値観を楽しむことも大切なのである。今まで興味がなかったことも、相手と一緒にいると好きになって自分の価値観が広がっていくからだ。お互いの価値観を押し付け合わずに興味のあることは取り入れていくとよい。

関連リンク:年の差カップルはお互いに違った世界があるからこそ楽しい

20歳以上の年の差婚で考えられるメリット

20歳以上の年の差があると相手に寛大な気持ちになるため、喧嘩が少ない傾向にある。また、男性が年上の場合は経済的な心配も少なく、相手が若いため同世代と結婚するよりも子供を授かる希望が高くなる。年下女性側からも人生経験の豊富な男性は現実的で優しい魅力がある。友達に年下女性との結婚を伝えると羨ましがられることも多いため、優越感に浸ることもできる。

年の差婚・カップルのデメリットは?

年の差婚・カップルにはもちろんデメリットもある。デメリットも知った上で行動すると失敗も少なくなるのではないだろうか。

1.彼女・妻が年下の場合のデメリット

相手が年下の場合、甘えられすぎることやワガママな部分が子供のように思えてくることがある。また、人生経験が少ないため常識に欠けたり、価値観の違いに頭を悩ませることもでてくる。そのため、自分がしっかりしないとというプレッシャーを感じやすくなってしまう。

2.彼女・妻が年上の場合のデメリット

相手が年上の場合、一番気がかりなのが結婚である。女性は年齢が上がるにつれ結婚への焦りが出てくるので、結婚をまだ考えていない場合はストレスとなる。また、新鮮さがなく、母親のような存在になってしまうことで魅力を感じづらくなってしまう。

3.彼・夫が年下の場合のデメリット

女性が考える年下のデメリットは、結婚が遅れることへの焦りや自分が老けた時の心配が大きいことである。精神年齢が低く、ワガママで我が強いと感じてしまうと結婚も考えられなくなる恐れもある。

4.彼・夫が年上の場合のデメリット

年上男性の場合は、女性は自分よりしっかりしていないとがっかりしてしまう傾向にある。加齢臭や頑固でおじさんくさい部分も嫌になり、結婚していても熟年離婚につながってしまうかもしれない。

番外編

周りの人から理解されない

互いに年の差を理解していても、友達や家族から理解されないこともしばしある。特に、女子大生からすると、40代男性はデキる男というよりもエロおやじという認識が強いという。相手の友達と会う場合は、紳士的な対応を心掛けてほしい。

関連リンク:年下女性の不安を知って良好な関係を築こう

介護の問題も

結婚するに当たり、切っても切れない介護問題。年下女性からすると自分の両親よりも義両親を介護する時期が先になってしまう。それに加え、生涯を共にする夫の介護も女性側に降り注ぐこととなる。結婚を考える時には介護についても合わせて考える必要がある。

関連リンク:年の差婚カップルがお互いに知っておきたい介護のこと

40代男性が20代女性を虜にするには?

20代女性を虜にすることは安易ではないが、コツを掴めば難しいことではない。女性をよく観察し、何を求めているのか、不安なことは何かを理解することや紳士的な振る舞いを心掛けることが大切である。

年上好みの女性を見極める

年上が好きな女性は増えているが、恋愛を目的としている女性ばかりでないことを頭に入れて置いて欲しい。恋愛対象と考えている年下女性は、年上男性に甘えて褒めてもらいたい願望が強い。チヤホヤされて構ってほしい女性は年上男性を好きな傾向にあるため、恋愛関係に発展する可能性が高くなる。

関連リンク:おじさん好きな「枯れ専」女子を狙いにいけ!https://prestige.smt.docomo.ne.jp/article/3843

母性本能をくすぐる

自分が年上であろうと、母性本能をくすぐるコツはある。一番のポイントはギャップだ。普段はしっかりしている年上男性がふとした時に見せる自然で可愛い仕草にギャップを感じ、母性本能を刺激するようだ。また、直接話す時はしっかりしているのに、メールになると不器用で子供のような言い方になることも可愛いと思えるポイントとなることも。

関連リンク:年下女子の母性本能をくすぐるという方法も

サプライズを上手に使う

サプライズ好きな女性は多いが、どんなサプライズでも有効というわけではない。たとえば、20代の頃に流行ったドラマからヒントを得てサプライズしても時代にそぐわないことがある。良かれと思ってやったことで気まずくならないためにも、今の20代女性が求めるサプライズはどのようなものがよいのかリサーチすることも大切だ。

関連リンク:年の差があるからこそサプライズが武器になる

20代女性の好感度をあげるには?

誠実さがある男性は誰からも好感度が高い。それは20代女性から見ても同じといえよう。年の差があるからと隠れて会うようなデートでは、女性は不快な気持ちになってしまうが、堂々としたデートであれば、自分のことをちゃんと考えてくれていると好感を持ってくれるようになる。また、堂々としていれば頼りがいがあるようにも見えるため、好感度をあげるポイントになるといえよう。

関連リンク:40代男性が使える年の差デートで好感度をあげるコツ

紳士的に振る舞う

20代女性にはもちろん、女子大生も含まれる。社会経験のない女子大生にアプローチする場合は特に紳士的に振る舞うことが大切だ。社会人ではなくあえて女子大生を誘うからには、会社の部下に話すことと内容も異なってくる。体目当てではないことを大人な態度で示してあげる必要がある。

関連リンク:年の差があるからこそ気をつけたい女性への接し方

あえてのランチデートで

ランチだと気軽に誘いやすく相手の警戒心を少なくすることができる。帰りが遅くなる心配がないため、初めてのデートでも安心してもらえるからだ。ランチはディナーよりリーズナブルなため、相手も金銭面を気にせず楽しめることもポイントだ。

関連リンク:あえての「ランチデート」で意表をつくと…

飲み会の場で20代美女の心を揺さぶるアプローチとは

40代男性は20代女性が体験したことないような世界を知っている存在であるため、年下女性から警戒されることもしばしある。言葉巧みに自分の持っている様々な引き出しを開けることで、年下女性は戸惑いつつも意識する存在になるのだ。

関連リンク:警戒している20代女性の心を揺さぶるには?

経済的余裕を活かして異国旅行で愛を確かめる

海外旅行は持ち得ている知識や経験、経済力をアピールする絶好の機会と言える。普段のデートでうまくアプローチできない場合は試してみる価値はある。2人きりの海外旅行でリードできれば急速に距離が縮まる可能性が高い。

関連リンク:いつもとは違うシチュエーションをうむ海外旅行

年の差に恋愛よりメリット求めているという意見も

年上男性と恋愛することで今まで知らなかった世界を知れることは20代女性にとってはとても大きな経験となる。背伸びした恋愛を楽しんでいるだけであって、本気ではない場合もあるため、見極めることも大切だ。

関連リンク:年の差だからこそ築けるメリットのある関係とは?

ファッションで差をつける

40代男性のモテるカジュアルスタイルとは、足し算と引き算のバランスである。柄物、色物の足し算から考えるのではなく、シンプルなスタイルの引き算をベースとして個性を足していくことが大切である。40代男性のカジュアルはモテる引き算ができるかどうかで決まってくる。

関連リンク:40男だからこそファッションで差をつけろ

年の差婚・カップルになるための注意点は?

父・娘の関係にならない

年の差カップルは年上側が対応を間違えると恋愛関係が終わってしまう場合が多い傾向にある。甘えさせてくれる年上男性に父親像を重ねる女性もいるようだが、父親のような対応としていいというわけではない。あくまで、年の差カップルという認識を忘れずに適度な距離を保つことが大切である。

関連リンク:年の差カップルではこんなことも破局の原因に

年の差を自虐のネタにしない

40代男性が恋愛対象として見てもらうためには、「おじさん発言」をしないことが大切だ。流行がわからないからと若者のことを知る努力を怠っていては年下女性からはおじさんという認識で終わってしまう。わからないなりにも少しは話題に入れるよう努力している男性を魅力的に感じるのだ。

関連リンク:40男が20代女子に一番やってはいけないこと

雰囲気や行動で良い方にも悪い方にも

「モテオヤジ」と「キモイオヤジ」は雰囲気や行動が異なる。年齢に合わない若い格好や時代遅れのセカンドバッグは「キモイオヤジ」と認識されてしまう。一方、年相応の服装や頑張りすぎないシンプルな服装は「モテオヤジ」となる。自分に合った格好を理解することで大人の男性の魅力を出せるのだ。

関連リンク:「20代女性にとってはどこからがキモいのか関連リンク:女性の気持ちに合わせられる男は年の差を超える関連リンク:「非モテオヤジ」には理由がある

一緒にいて楽しいかどうか

コミュニケーション能力が低い年上男性は話のリアクションが薄くて話を聞いてほしい女性からは嫌がられてしまう。趣味が多く、話題の豊富な男性は楽しませくれると人気も高い。20代女性からは、ルックスがよくても一緒にいて楽しくなければ魅力がないと認識しまうのである。

関連リンク:年の差合コンに呼ばれる40男になるための方法

女性の気持ちに気付けるか

女性の質問をはぐらかす男性は女性の不安をあおることとなる。言葉に出さなくとも態度で示しているだけでは、女性は徐々に不機嫌になってしまう。直接言いづらいのであれば、メールやLINEで伝えるだけで効果は抜群である。女性の気持ちを一番に考えてあげてほしい。

関連リンク:気持ちを伝えるのは年の差に関係ない

年の差婚・カップルに共通するお悩み

年の差カップルには同年代同士のカップルとは違う悩みが多数でてくる。密かにお悩みを抱えている方もいるのではないだろうか。ここで代表的なお悩みを共有しておこう。

1.周りの視線が気になる

年の差が大きければ大きいほど、周りは物珍しく感じてしまう。どうやって出会ったのか、金銭目的なのではないかなど様々な憶測が広がってしまう。変な噂が広まらないためにも、真剣な付き合いだと周りに伝えることも大切である。

2.金銭感覚の違い

年齢が離れると収入に格差が生まれてしまう。そのため、年上の金銭感覚に合わせると、年下は出費がかさみやりくりが厳しくなる。それなら年下に合わせればいいというわけでもない。年下に合わせると、物足りなさからの不満や年上としての品格を下げることにもなりかねない。

3.話題が噛み合わない

流行するものは世代によって異なる。年上が10代、20代頃に流行ったことを話しても、年下にはわからないことも多い。一方、年下が10代頃に流行ったことを話されても、その頃の自分には興味がなくて知らない話題もある。過去の話題よりも共通した話題を探した方がよい。

4.外見に気を遣う

年の差が大きいほど見た目が気になるのではないだろうか。もっと若く見られるよう、若者の格好をしたり、体型維持や肌の手入れにこだわったりと努力を惜しまないことも大切だが、あまりに極端だと周りからは変な目で見られてしまう。年相応で清潔感のある格好を心がけるとよい。

5.性欲に差が出る

年の差があると性欲にも差が出てしまう。一般的に、性欲のピークは女性が20代後半から30代前半とされているが、男性は10代後半から20代後半となっている。女性のピーク時に男性の性欲が落ちている可能性が高い。

6.結婚・出産のタイミングが難しい

金銭面でゆとりの出る40代男性にとって、そろそろ結婚をと考えていたとしても、年下女性は仕事や独身生活をまだ楽しみたいと思っているかもしれない。そのままズルズルと月日が流れて結婚のタイミングを逃しがちとなってしまう。
また、出産も同じで、年上の側からすると周囲に子持ちが多いので、そろそろ自分たちにもと考える機会も多くなる。だた、どちらかに「今は仕事を優先させたい」などの気持ちがあるとタイミングが難しくなる。
年の差からライフプランの違いはしっかりとコミュニケーションを取る必要があるだろう。

7.身内や友人との付き合い方

年の差が大きいと、相手の父親に年が近い可能性が高い。相手の両親から交際を反対されてしまうこともしばしある。時間をかけてでも真剣であることを証明することが重要となる。また相手の親しい友人と会う場合、話が噛み合わなかったり、共通の話題がなかったり、それぞれが気を遣って疲れてしまうことも考えられる。

気になる年の差エッチの実情は?

年上男性とのエッチ経験がある女性の約60%が同世代・年下と比べて違いがあったと回答している。年上ならではの安心感や尽くしてもらえるなどオトナエッチに魅了されている女性が多いことがわかる。

良い点

年上男性は経験が豊富なため、テクニックがあることが利点である。そのため、年下女性をリードできることで年の差の不安を自信へと変えることができるのだ。また、年下女性は同年代や年下男性には伝えづらい欲求も、年上男性には素直に伝えられるため、お互いに楽しむことができるのだ。

気になる点

良い点だけでなく、気になる点もでてくる年の差エッチ。40代男性は仕事の多忙さからヤル気がでないことも増えてくる。年下女性からするとタイミングが合わずストレスを溜めやすくなることも。
また、お互いの体つきの違いを気にすることも増えてくる。年下女性の張りのある肌を見て釣り合わないのではないかと自信喪失する場合もある。あくまで女性の好みの問題だが、いわゆるおじさん体型にならないような体型維持も必要となってくるのだ。

老後の資金や養育費などをどうするかも視野に

年の差が大きいと老後のことも気がかりとなるだろう。特に、年下女性は残された1人の時間が増えてしまうため、老後の資金についても話し合うことが大切なのだ。
一般的な生活を送るには、2000万円程度の老後資金が必要である。ある程度豊かに暮らしたい場合は、6000万円程度必要となる。

結婚を視野に入れる場合は家計のチェックを忘れずに

また年の差婚では家計のチェックも重要となる。特に、家と子供について掛かる費用をあらかじめ考えることが大切である。
子供の受験時期に自分たちは何歳なのかなど、どうしても一般的なライフプランとはギャップが生まれてしまうので、どのくらいの費用が掛かるかを考えておかなければならない。
また、両親の介護の時期はおおよそどのくらいかも頭に入れて置かなければ後々大変になってしまう。住宅ローンの残高や退職金時期と金額、年金の受け取り時期も大まかに計算しておくことが大切だ。

editeur

検索