メディア個別 最高級かつ最先端──これがマイバッハの超贅沢SUV | editeur エディトゥール

editeur

検索
第60回 | メルセデス・ベンツの最新車デザイン・性能情報をお届け

最高級かつ最先端──これがマイバッハの超贅沢SUV

このクルマを、昨今流行りのプレミアムSUVにカテゴライズして良いのだろうか? 強いていえば「超プレミアムSUV」という表現のほうがしっくりくるだろう。メルセデス・ベンツの最高峰ブランド、メルセデス・マイバッハが北京モーターショーで発表したコンセプトカー、『ビジョン メルセデス マイバッハ アルティメット・ラグジュアリー』のことである。「アルティメット・ラグジュアリー」。このようなストレートなネーミングを納得させることができるのは、マイバッハだからこそ。最高級サルーンを中心にライナップするマイバッハが、あえてアルティメット・ラグジュアリーという表現を使ったSUV。カーガイなら興味が湧かないわけがない。

メルセデス・マイバッハが考える最高級で最先端の究極ラグジュアリーSUV

「ビジョン メルセデス マイバッハ 」と聞いて、すぐに思い浮かぶのは『ビジョン メルセデス・マイバッハ 6 カブリオレ』だ。

贅沢の粋を集めつつ、先進的なスタイリングや機能を搭載した2シーターのEVオープンモデルコンセプトで、マイバッハが本気を出して方向性を示した最高級で最先端のオープンカーである。

『ビジョン メルセデス マイバッハ アルティメット・ラグジュアリー』はそのSUVバージョンといってもいいだろう。


フロントマスクには『メルセデス・マイバッハSクラス』と同じ縦基調グリル

便宜上、SUVと表現したが、アンベールされた実車のエクステリアを目にすると、ハイエンドサルーンとSUVにもとづくクロスオーバーといった装いだ。設計責任者の言葉を意訳すると「SUVとサルーンDNAを組み合わせて、これまでにないSUVを作り出す」ということらしい。結果として、3ボックス型セダンとSUVが組み合わさった、個性的なデザインとなったわけだ。

デザインの特徴のひとつが、エッジのなさだ。ボディは滑らかな曲線で構成されており、力でねじ伏せるといったマッチョなイメージは微塵も感じさせない。エレガントながらスポーティな雰囲気は、余裕さえ感じさせる。

個人的に目がいったのは、フロントマスク。ジュネーブモーターショーで発表された『メルセデス・マイバッハSクラス』のマイナーチェンジモデルと同じく、縦基調のフロントグリルが採用されていた。これは『ビジョン メルセデス・マイバッハ 6 カブリオレ』にも取り入れられており、今後のメルセデスのデザインコンセプトを垣間見ることができる。

プライベート空間のような豪華な後部座席には、茶器一式と加熱トレイも装備

インテリアはコンセプトカーらしく、近未来的だ。ホワイトレザーを基調としており、随所に配された「ロゼゴールド」「パールグレー」などのカラーと相まって、豪華な印象を与えてくれる。

特筆すべきは、後席の贅沢さだ。SUVとはいえ、マイバッハの名を冠するだけに、ここは譲れない部分だろう。センターコンソールはリアまで伸びており、左右のシートを隔て、プライベートな空間を演出する。

また、このセンターコンソールには、ティーポットとカップを備えた一体型の加熱トレイが備えられている。「リラクゼーションモード」を選択すると、照明や音楽、香りを組み合わせたムードでお茶を楽しめるという。

マイバッハが提案する超ラグジュアリーSUVは、4つのモーターを使ったEV

気になるパワートレインは、4つのモーターだ。つまりは、『ビジョン メルセデス・マイバッハ 6 カブリオレ』と同じくEVということ。

出力は550kW(750hp)、最高速度は250km/hである。約80kWhのバッテリーは床下にあり、1回の充電による走行距離は500km以上(NEDC:新欧州ドライビング・サイクル基準)。また、350kWの直流充電器による超急速充電にも対応しており、この場合、5分間の充電で約100kmの走行が可能となる。

現状では、あくまでコンセプトモデルで、発売は未定だ。しかし、ロールスロイスでさえSUVモデルを手がける時代。マイバッハのSUVが出ても驚きはしない。むしろ、その日は遠くないだろう。

Text by Tsukasa Sasabayashi
Photo by (C) Daimler AG
Edit by Takeshi Sogabe(Seidansha)

editeur

検索