メディア個別 仮想敵はパナメーラ──BMWコンセプトM8グランクーペ | editeur エディトゥール

editeur

検索
第47回 | BMWの最新車デザイン・性能情報をお届け

仮想敵はパナメーラ──BMWコンセプトM8グランクーペ

2018年6月に開催されるル・マン24時間レースの決勝前夜にアンベールされるBMW『8シリーズ クーペ』。「8」という数字からわかるように、BMWの頂きに立つ一台である。すでに東京モーターショーではコンセプトモデルが発表されていたが、ついに市販車としてその姿を現すことになった。じつは、その派生モデルで、4ドアの『8シリーズ グランクーペ』も開発が進められている。これは『4シリーズ グランクーペ』『6シリーズ グランクーペ』に続く第三の4ドアクーペだ。ジュネーブモーターショーでは、『8シリーズ・グランクーペ』に先駆けて『コンセプトM8グランクーペ』が公開され、大きな注目を浴びた。

ライバルはポルシェやアストンマーチン、プレミアム4ドアクーペに参戦せよ

順序としては、違和感を覚える。まず『8シリーズ グランクーペ』のコンセプトモデルが公開され、それから『コンセプトM8グランクーペ』なのではないかと。

「M」は、「BMWモータースポーツ」に源流を持つBMW M社が開発を手がけるスペシャリティモデル。レーシングマシンのDNAを受け継ぐハイパフォーマンスカーだけに与えられる。そのMの名を冠した『コンセプトM8グランクーペ』を『8シリーズ グランクーペ』に先駆けて発表した理由は、どこにあるのか。

『8シリーズ グランクーペ』は4ドアクーペである。SUVに続く潮流となりつつある4ドアクーペは、メルセデス・ベンツ『CLS』、アウディ『RS7スポーツバック』、フォルクスワーゲン『アルテオン』など、多くのプレミアムブランドに導入されて話題になった。もちろん、BMWからも『4シリーズ グランクーペ』『6シリーズ グランクーペ』がラインナップされている。

プレスリリースには「コンセプトM8グランクーペは、卓越したクルマであると同時にBMWブランドの考える新しいラグジュアリーを体現しています」との記載がある。これを筆者なりに解釈すると、メルセデス・ベンツやアウディの先にいる、さらなるラグジュアリーブランドへの挑戦なのではないだろうか。

つまり、アストンマーチン『DB11』やポルシェ『パナメーラ』を仮想敵として、BMWブランドのさらなる躍進を目論んでいるとも思えるのである。

『コンセプトM8グランクーペ』は、すでに臨戦態勢。プロダクションカー(市販化前提のクルマ)として、高い完成度で発表されている。このままの姿でデビューする確率はかなり高いだろう。

次世代のBMW? 『コンセプトM8グランクーペ』の個性的なボディカラー

基本的なフォルムは、『8シリーズクーペ』を踏襲している。ロング・ホイールベース、ロング・ボンネット、流れるようなルーフラインとショート・テールが、エレガントでスポーティなクーペ・シルエットを構成。そこに、CFRP製のルーフや空力的に最適化されたドアミラーなどが加えられ、このクルマが「M」であることを如実に物語っている。

印象的なのは、個性的なボディカラーだろう。グリーンから、グレーがかったブルーへと変化するように見えるペイント・フィニッシュのサレーブ・ヴェーは、濃紺の印象が強いBMWではこれまでなかった色彩だ。

ここに、ゴールドで縁取られたウィンドウ・グラフィック、特徴的なMサイド・シル、ゴールドのブレーキキャリパー、ホイール、Mツイン・エグゾースト・テールパイプが組み合わさって、ラグジュアリーでありながらスポーティな、次世代のエクステリアを感じさせる。

草創期のBMWクーペのような、分離せずに互いに接したキドニー・グリル

フロントマスクには、伝統のキドニー・グリル。ゴールドが特別な印象を与えるとともに、路面へ向けて下向きに広がることで、低い重心を強調している。また、草創期のBMWクーペと同じく、キドニー・グリルが分離せず互いに接した大きなひとつのエレメントになっているのも特徴的だ。

ヘッドライトはキドニー・グリルよりもやや高い位置にあり、低く身構えるような印象を与えるとともに、クルマと路面との近さを強調している。また、耐久レースに出場しているマシン『M8 GTE』で馴染みのある照明技術を採り入れて、ダイナミックさを演出した。

とりわけリヤは「M」特有のダイナミックな瞬発力と視覚的なインパクトを醸し出している。ワイドなトレッドと大きく膨らむホイール・アーチは、パフォーマンスの高さを暗示させるし、見た目に存在感のあるディフューザーと左右2本出しのMツイン・エグゾースト・テールパイプは、このクルマの絶対的なパフォーマンスを主張している。

プロダクションカーだけに『コンセプトM8グランクーペ』のデビューも近い?

パフォーマンスに関しては、残念ながら詳細が明らかにされていない。しかし、フラッグシップ『8シリーズ クーペ』のMモデルであることから、その性能は期待を裏切らないものになるだろう。

強いていえば、ポルシェ『パナメーラ』やメルセデスAMG『GT 4ドアクーペ』に勝るとも劣らないものになるはずだ。もちろん、価格もプレミアムカーに相応しいものになるに違いない。正式発表が待ち遠しい一台だ。

Text by Tsukasa Sasabayashi
Photo by (C) BMW AG
Edit by Takeshi Sogabe(Seidansha)

動画はこちら
BMW M8 Gran Coupé Concept オフィシャル動画

editeur

検索