メディア個別 大阪王将の大盤振る舞いは牛肉3種!東西異なるメニューで胃袋をつかむ「肉祭り」 | editeur エディトゥール

editeur

検索
第2700回 | NOMOOO powered by éditeur

大阪王将の大盤振る舞いは牛肉3種!東西異なるメニューで胃袋をつかむ「肉祭り」

餃子専門店「大阪王将」では、2018年5月18日(金)より「牛焼肉天津飯(税込890円)」をはじめ牛肉を使用した商品を期間限定で販売します。

東日本エリアでは「肉フェス」、西日本エリアでは「肉の祭典」と称し、それぞれ異なる商品ラインナップが楽しめるのもうれしいイベントです。
東京で楽しめるのは牛焼肉天津飯(税込890円)、牛焼肉ラーメン(税込860円)、焼肉ラーメン(税込860円)の3種。
一方関西で楽しめるのは、牛焼肉天津飯(税込890円)、牛焼肉天津飯(税込890円)、牛カルビ炒飯(税込890円)の3種。

 

いずれも惜しげなく牛肉がこんもりと丼の上に鎮座しています。スタミナをつけたい人はこれを食べてみては?肉を頬張り酒で流し込む夏!ワイルドですね。
詳しくはこちら!

【メニュー概要】

メニュー名 大阪王将「肉フェス」(東日本)、大阪王将「肉の祭典」(西日本)
販売期間 販売期間:2018年5月18日(金)~2018年6月30日(土)
販売店舗 国内の大阪王将(東日本エリア)、(西日本エリア)
その他 ※一部取り扱いのない店舗がございます。
※販売店舗については、お手数ですがお近くの店舗までお問い合わせください。

お酒の情報サイト「NOMOOO(ノモー)」は「今日の飲みたいを見つける」をコンセプトに、お酒に関する情報を更新しています。

※この記事はグルメ情報サイト「NOMOOO」から提供を受けて掲載しています

editeur

検索