pixta_36218619_S(2)
- EDを予防・対策!本当に効果がある治療法 -

思い込みも重要。EDの症状をメンタルトレーニングで解消するには?

EDと聞くと、加齢、生活習慣病、血管や神経の障害などが、そのおもな原因と思われがちだが、過去の性交渉時のトラウマや日々のストレスといったメンタルから生じることも多い。そこで、機能性(心因性)EDに効果的なメンタルトレーニング法を専門家に聞いた。

今回のアドバイザー

土居真太郎

医師

2001年、奈良県立医科大学卒業。大阪大学医学部附属病院、大阪府立病院(当時)、東京警察病院などの勤務を経て、2005年より横浜ベイサイドクリニック院長。

40男に多い機能性ED。その正体とは?

EDには、大きく器質性と機能性(心因性)の2つがあるが、多くの医療機関が発表している統計によれば、40代男性の多くが悩むEDの原因は後者だという。まずは土居さんに、器質性EDと機能性EDの違いについて教えてもらった。

「機能性EDとは、心が原因で生じる勃起障害のこと。器質性ED(血管や神経障害などが原因)とは異なり、解剖学的な性機能障害ではありません。器質性EDの原因のなかには、うつ病や不安障害のような疾患や“心の問題”が合併して起るケースもあります」(土居さん、以下同)

器質性EDと合併するリスクも高いという機能性ED。どういった原因から発生してしまうのか。

「根本には、精神的な悩みや葛藤があります。体調不良や疲労などで偶然、“中折れ”や“勃たない”といった経験がトラウマとなり、次の性交にも不安感を覚えてしまうことがあるのです。精神疾患が背景にある場合、仕事やプライベートのストレス、不眠が原因かもしれません。そして当院に関していえば、カウンセリングを受ける患者さんのなかには、EDの原因として機能性と気づいていない人も多いですね」

馬鹿にできないメンタルの力。“強い”と思い込むだけでテストステロンがアップ

では、機能性EDを解消するためには、どういったメンタルトレーニングが必要になってくるのだろう。土居さんによれば、それは、うつ病や不安障害などの改善法にも似ているという。

「まずは『男はこうあるべきだ』『大きく勃起しなければならない!』など、“○○すべき”という考えかたを改め、“70点くらいでよい”と自分を許すことが大切です。勃起するときの硬さも必要ありません。究極のことをいえば、『勃起しなくてもいいんだ』程度に考えてもらえれば、自然と回復する人もいます」

また、40代管理職の天敵であるストレスも、機能性EDの代表的な原因のひとつ。ストレスによって、男性ホルモンの一種であるテストステロンが減少し、勃起力減退に繋がってしまうのだ。

「テストステロンを増やす方法としては、『自分は強い!』という意識を持つことが重要になってきます。それと同時に、ストレスを軽減させる方法として、マインドフルネスの手法を取り入れていきましょう。おすすめなのは瞑想。目を閉じてゆっくり雑念を排除し、何も考えずに5分ほどいると、頭のなかに悩みや怒りなど“雑念”が思い浮かんでくると思います。その雑念を1つずつ笹舟に乗せて、意識の川のなかに流すことをイメージしてください」

自律神経の乱れは勃起力の天敵、改善の近道はパートナーの理解

勃起不全は、自律神経の乱れとも関係している。心身を整えるためには、適度な運動や十分な睡眠、日光を浴びることなどが効果的だが、それに加えて入浴時にも実践すべきことがある。

「勃起改善のためには、入浴時にペニスにお湯の温かさや水の冷たさなどの感覚を与え、神経を鍛えることをオススメします。また、外出したときには、湿度、風の音などに意識を傾けて体内のセンサーを働かせ、自律神経を刺激していきましょう」

ここまで機能性EDの改善に役立つトレーニング法を紹介してきたが、最後に土居さんは、現時点でパートナーがいる人に向けて、ED改善の近道を教えてくれた。

「相手の理解が得にくい場合もあるとは思いますが、最も大切なことは、最愛のパートナーと問題を共有することです。性交は相手があって成り立つもの。パートナーの理解が得られないと回復にも時間がかかります。二人三脚でEDを乗り越えていってください」

最後にアドバイザーからひと言

「専門家と話をしながら治療を受けたほうが効果的です」

Text by Mitsuo Okada(Seidansha)
Edit by Kei Ishii(Seidansha)