i-173
- Bang Showbiz -

イドリス・エルバ、『ノートルダムの鐘』新作に出演へ?

イドリス・エルバが『ノートルダム・ド・パリ』の新たな映画化作に出演する見込みだ。ヴィクトル・ユーゴーによる1831年発刊の同小説を映画化する新作で、イドリスは自身の経営するグリーン・ドアで製作を務めるほか、主役のカジモド役として候補に挙がっているという。

ザ・ハリウッド・レポーターによれば、俳優としてだけでなく、DJとしても活躍するイドリスは、このネットフリックス作品で音楽も担当するようだ。脚本は『ザ・カーレント・ウォー』や『ギヴァー 記憶を注ぐ者』などで知られるマイケル・ミトニックが執筆する。

『ノートルダム・ド・パリ』はこれまで何度も舞台や映画化されてきており、1923年にロイ・チェイニー主演でユニバーサル・モンスターズの中の1作として映画化されたほか、1996年にはディズニーによって『ノートルダムの鐘』としてアニメ化されている。

イドリスは最近、実の父ウィンストンの生涯に大まかに基づいたドラマ『イン・ザ・ロング・ラン』に出演しており、そこでは生まれ育ったロンドンで経験した日常的な人種差別について取り上げている。