メディア個別 グウィネス・パルトロウ、セクハラから守ってくれたブラッド・ピットを称賛 | editeur エディトゥール

editeur

検索
第631回 | 海外スターの最新ニュースをお届け

グウィネス・パルトロウ、セクハラから守ってくれたブラッド・ピットを称賛

グウィネス・パルトロウが、自身にセクハラ行為をはたらいてきたハーヴェイ・ワインスタインを遠ざけてくれた当時の恋人、ブラッド・ピットを称賛した。グウィネスは『Emma エマ』や『恋におちたシェイクスピア』にキャスティングされた頃、ワインスタインからホテルの一室へ連れ込まれ、マッサージをするように求められたという経験を以前明かしていたが、当時の交際相手であったブラッドが勇敢にもワインスタインに警告してくれるという彼氏として最高の行動を取ってくれたと今回のインタビューで称えている。

ハワード・スターンとのインタビューの中で、グウィネスは1997年までおよそ3年間交際していたブラッドが、ブロードウェイ作品『ハムレット』の初日の会場でワインスタインに詰め寄ったと明かした。「彼は『また彼女を不快にさせるようなことがあったら、殺すからな』って言ってくれたの。最高だったわ」「壁に投げつけるかのような勢いだった」「私がまだ有名でもなく、権力もなかった時に、彼は私を守るために自分の地位と権力を使ってくれたの。彼は最高よ。そんな彼が大好き」

しかし、ワインスタインによる行動に恐怖を感じていたというグウィネスは、記者たちから取材を受けた当初、自分の経験について語ることを躊躇したという。「今は考える必要もないような状態になっているけど、当時はまだ扉は開放されていなかった。でも今はそういった話が公になったというだけでなく、文化までもが完全に変わったわ」

グウィネスは以前、ワインスタインに口止めされていたことも明かしており、「クビにされるかと思った。あれはひどかったわ。私はそのことを秘密にしておくよう求められていたの」と当時を振り返っていた。

数々の女性に対するセクハラ疑惑が浮上して以来、当のワインスタインは断固として否定しながらも、世間の目につかぬように暮らしているという。

ピックアップ

editeur

検索