i-139
- Bang Showbiz -

ジェイク・ギレンホール、新作『スパイダーマン』映画で悪役へ

ジェイク・ギレンホールが新作『スパイダーマン』映画で悪役のミステリオを演じるようだ。マーベル・シネマティック・ユニバースのスパイダーマン単独第2弾に向けてはトム・ホランドがタイトルロールを続投することがすでに決定しており、悪役の座を巡ってはジェイクとライアン・ゴズリングが検討されていると思われていたが、ライアンが他の出演作とのスケジュールの都合により出演が不可能となったため、ジェイクに決定したとみられている。

ある関係者はザ・サン紙に「プロデューサー陣はライアンを獲得しようと必死でしたが、彼は別の映画で忙しかったんです。ジェイクは悪役を演じた経験もあるので、次の候補として最適なんです」と語っている。

ミステリオは1964年、コミック本『アメイジング・スパイダーマン』13巻でスパイダーマンの生みの親であるスタン・リーとスティーブ・ディッコによって作り出されて初登場した。本名クエンティン・ベックは有名俳優として裕福になることに失敗した後、ハリウッドの有名映画スタジオで特殊効果担当やスタントマンとして働きながら、その専門知識を利用して犯罪を行うという設定になっている。

この最新作は来月にもロンドンでクランクインする予定だ。

先月に公開されたばかりの『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』に出演していたトムだが、この新作で4度目のスパイダーマンことピーター・パーカー役を演じることになる。