i-133
- 海外スターの最新ニュースをお届け -

オビ=ワン・ケノービのスピンオフ映画、エピソード4の前日譚に

オビ=ワン・ケノービを主役にしたスピンオフ作品は、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の前日譚となるそうだ。『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』や来月29日に日本公開予定の『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』といった「スター・ウォーズ」シリーズのスピンオフ作品に、1977年に公開された第1作の直前の物語が新たに加わるという。

『ジョシュア・ツリー』と仮題が付けられたこの作品では、ルーク・スカイウォーカーの師匠になる前のオビ=ワンの人生やジェダイの騎士になる過去を描くとTMZは報じている。

同サイトによると紹介文には、「オビ=ワンはタトゥイーンで人目につかない世捨て人のように暮らしながらも、叔父オーウェンに託した遺児ルーク・スカイウォーカーを密かに見守っている」と記されている

タスケン・レイダーと地元の農民の間の緊張関係を理由に、オビ=ワンは姿を隠すことなく、「ジェダイ」としての顔を見せることになると続けられている。

また今年初め、ゴールデン・グローブ賞授賞式でユアン・マクレガーはオリジナル3部作でアレック・ギネスが演じ、プリクエル3部作では自身が演じたジェダイマスター、オビ=ワン・ケノービをまた演じてみたいとハリウッド・レポーターに明かしていた。「色々と噂はあるけど、また彼を演じられたら最高だよ。でも僕だけが知っていることなんてないよ」