メディア個別 40男が初デートでガッカリされた後に挽回する方法 | editeur エディトゥール

editeur

検索
第25回 | 【モテ技】必読!美女とのデート成功法・失敗例

40男が初デートでガッカリされた後に挽回する方法

女心は移ろいやすく、身勝手だ。コロコロと変化し本人さえも自分の気持ちに確信が持てない。20代の男性は、そんな女性に手を焼き盛り返そうと必死になるが、40代男性が取るべき行動はそれとは逆だ。焦らず、ゆっくりと手なずけていくこと。大人の男性だからこそ1回の失敗くらいすぐに挽回できるはずだ。初デートでナシ認定されても挫けず美女を手に入れる方法を20代女子から指南してもらった。

■今回のアドバイザー女子
看護士 Oさん 26歳

滑らかでハリを感じさせる赤ちゃん肌とたれ目が愛らしいOさんは、年齢よりも若く見える。幼げな印象だが仕事柄か芯の強さを感じさせる清廉な美女だ。

年上男性は余裕を持つことが大事

Oさん「年上の男性は、焦らずゆっくり女性のペースに合わせて恋愛を進めた方がいいと思います。一回ナシだと思われても、年上の“余裕”でいくらでも挽回できるんですよ! 私の経験をお話しますね。

初めて付き合った男性は、20歳ほど年上の40代男性でした。学生時代に友人を通じて知り合い6年間付き合ったんです。当時、私は20歳くらいで、同級生の友だちが居酒屋でアルバイトをしていて、35歳の彼氏がいたんです。友だちの彼氏は、20代後半に見えるほど若くて、キレイな顔立ちをしたジャニーズ系の超イケメン。昔から年上の男性に憧れていた私は、年上の彼氏がいる友だちを羨ましいと思っていました。だから、友人から彼氏の友だちを紹介したいと言われたとき、前のめりに返事したんです。もしかしたら、友だちの彼みたいな男性かも! って(笑)」

メル友の年上男性と会って超ガッカリ

Oさん「まず、連絡先だけ友人を通して交換し、やり取りをしていました。いわゆるメル友になり、世間話をメールしたり私が進路に悩んでいたので相談したり。まだ会ってもいない彼とのやり取りに夢中になっていた私は、会うのが本当に楽しみで。『会うときはドライブしたいな♪』とか彼にメールしてテンションが上がっていました。

すでに恋心が芽生えていたんですね。そして、待ちに待った初デートの日。地元のカフェにわくわくして向かいました。“どんな人が来るんだろう”と緊張とときめきがMAXになっていた瞬間…! 徳永英明似の彼が登場してガッカリ。『えー、意外とおじさんじゃん!』と、それまでの期待感が強すぎて気持ちが急激にしぼんじゃったんです」

年下女性の女心は移り気で身勝手なもの

Oさん「明らかに私のテンションが下がっているのは、彼も感じていたと思います。でも、その日はドライブデートすることになっていたので、帰るに帰れず…。結局、半日近く一緒に過ごしました。帰ってから『今日はありがとうございました』程度のあいさつメールだけして連絡を絶とうと思ってたんです。デート中に“もう、次はないな”と決めていたから。

翌日、彼からも連絡がなく“あっちもないって思ったんだろうな”とホッとしていました。でも、これまで1日何通も毎日やり取りをしていたので、2日目くらいには寂しい気持ちに。身勝手ですけど“なんで何も送ってこないんだろう”って思ってました。そして3日目。彼から『何してる?』と控えめなメールが! 前ほどの情熱ではないけれど、嬉しかったので返事をしたんです。その後、ゆるやかに無理のない程度にメールを続けて数回デートし、付き合うことになりました。

もし、初デート後にガツガツ連絡されていたら絶対に引いてました。連絡の頻度をペースダウンさせてゆるやかにつながる、というやり方だったから私の関心が再び彼に向き始めたんです。だから、デートでも飲み会でも1回目で女性からナシだと思われても、焦らないで。一気に近寄ってもダメだし、途切れてもダメ。デリケートな女心を理解しながらゆっくり育み直してください。そうすれば、チャンスが巡ってきますよ」

最後にアドバイザーからひと言

「40代男性は、焦らずゆっくり連絡を取れば女性の関心を引ける」

Text by Unyo Mura

editeur

検索