メディア個別 【土日連載LINE講座】入門編 新常識!LINEでもっとも重要な心得とは? | editeur エディトゥール

editeur

検索
第24回 | 20代女子がガチ添削!40男の失敗しないLINE講座

【土日連載LINE講座】入門編 新常識!LINEでもっとも重要な心得とは?

LINEでありがちな失敗といえば誤爆(メッセージを誤送信すること)だが、美女軍団によるとそれ以上に気をつけるべきことがあるという。20代女子の中ではもはや常識だという、その恐ろしい事実とは…!?

過去記事はこちらから

【土日連載LINE講座】記事一覧

LINEで一番気をつけるべきなのは、⚪︎⚪︎が××すること

美女軍団「LINEで一番怖いのは、ずばり“トーク画面が流出すること”です。スマホでのLINEはすぐにスクリーンショットが撮れちゃうので、それを友達に送ったり、自分のスマホに保管したり、SNSにアップしちゃう人だっています。

男性とのやりとりを面白半分で友達にシェアする子って必ずいるんですよ。プライバシーを無視した酷い話ですけど…。赤の他人に流出するだけでも気分が悪いのに、知り合いの間で自分のLINEが流出していたら最悪ですよね。でも実際にそういうことが起きているし、今の若い子はみんな覚悟していることだと思います。」

美女軍団「もし20代女子とLINEをするなら、“この内容が流出しても別に良い”という覚悟を常に持っておいた方が良いと思いますよ。私たちはそれを“文春チェック”って言ってます。ほら、色々公開されちゃって大変なことになった芸能人がいたじゃないですか。だから、送る前にチェックするんです。流出しちゃっても言い訳ができるメッセージかなって。」

自分のLINEがスクリーンショットで撮られていて、知らないところでシェアされている…。悲しい話だが、20代女子と40男との間にそうした温度差があるという事実はもはや受け入れるしかなさそうだ。今後若い女性とLINEをする際には、送信ボタンを押す前に“その内容、流出しても大丈夫か?”と心の中で問いかけることを忘れないようにしよう。

LINE講座今回のまとめ

◼相手ごとにトーク画面の背景を変えることで、誤爆は防止できる
◼LINEは流出する時代。送信前に、“この内容をスクリーンショットされてもいいか?”と自分自身に問いかけよう

※名前・アイコン画像は座談会を基にイメージとして作成したものです。
Text by Asa Ohguchi

editeur

検索