i-115
- Bang Showbiz -

クリステン・スチュワート、カンヌ国際映画祭でドレスコードに抗議?

クリステン・スチュワートがカンヌ国際映画祭における『ブラック・クランスマン』の上映会場で、ハイヒールを脱ぎ捨て裸足でレッドカーペットを歩いた。スパイク・リー監督による同新作のプレミア試写会にシルバーの上下とクリスチャンルブタンのハイヒール姿で登場したクリステンだが、雨が降り出したことでパレ・デ・フェスティバルの会場内に駆け込む際、その靴を脱ぎ捨て裸足になり、「女性はハイヒールを履かなければいけない」というレッドカーペットでの掟を破ることとなった。

女性ゲストだけに焦点が当てられたそのルールにクリステンが抗議する姿勢を見せたのは今回が初めてではなく、2016年にもフラットシューズで登場して男女間の扱いの違いについて指摘していた。その際クリステンは「すぐにでも変わらなければおかしいわ。だって(男性と私が)一緒にレッドカーペットを歩いている時、誰かに止められて、『すいません、お嬢さん。あなたはヒールを履いてませんね。それでは中に入れません』って言われたら、私は『私の友達も履いてないけど。彼もヒールを履かなきゃだめってこと?』って言うわ。どちらかだけなんておかしいでしょ」と語っていた。