トッズ(2)
- 40男が嗜む逸品 -

「ゴンミーニ」のトッズから、大人の男のためのバッグ2タイプが登場

イタリアのラグジュアリーブランド「トッズ」から、ブランドのアイコンであるドライビングシューズ「ゴンミーニ」の名を冠した新作「ゴンミーニバッグ」とスプリクトバッグの「インプロンテ」が登場。シーンに応じて使いわけたい、大人の男のためのバッグ2品を紹介しよう。

型押しレザーとスエードが新たに加わった「ゴンミーニバッグ」

「世界を舞台に活躍する男性達を24時間サポートするバッグ」としてデザインされ、2017年春夏コレクションで登場したトッズの「ゴンミーニバッグ」。ビジネスシーンでの普段使いから1泊の出張までをカバーし、オフの外出や週末の旅行にもぴったりなサイズだ。
そんなゴンミーニバッグの2018年春夏コレクションに、これまでラインナップされていた「スムースレザー」に加え、「型押しレザー」(メイン写真)と「スエード」(下の写真)が加わった。毎日使うものだからこそ、手触りや質感を味わえる選択肢が広がるのは、とてもうれしいことだ。
もちろん優れたユーティリティはそのままキープされている。バッグの開口部は折り返しになっているので、なかへ入れたものを守り、ジッパーを開けたままでも使え、折り返し部分を伸ばして使うと容量をアップさせることも可能となる。さらに開口部が広いので、出し入れもしやすく、デザインのアクセントにもなっている。また取り外し可能なショルダーストラップも付属するので、より多くの荷物を入れて斜め掛けで使うのもカッコイイ。
そして、ゴンミーニの特徴である靴底に配されるゴムの突起「ラバー・ペブル」をデザインモチーフとして採用、レザーを取り扱うトッズならではの矜持として、極力メタルパーツを使わないようにするなど、ラグジュアリーブランドならではの細部まで行き届いた仕上がりとなっている。

日本限定色も! 「スクリプトバッグ」インプロンテ

もうひとつの新アイテムとなるのが、2018年春夏のカプセルコレクション「サーフライフ」のなかのアイテムとして展開する「スクリプトバッグ」インプロンテ。スクリプト(台本)を持ち歩く俳優がバッグのサイドポケットに台本を差し込む、というアクションからインスピレーションを受けてデザインされたという。

このインプロンテとは、イタリア語で「足跡」のこと。その名の通り、バッグの正面にはトッズのブランドアイコンであるドライビングシューズ「ゴンミーニ」の足型がデザインモチーフとなっており、砂浜を歩いた足跡がイメージされているという。またゴンミーニの「ラバー・ペブル」もバッグの底部に配されていて、デザインのアクセントになっている。
カラーはブルー×レッドパイピング、オレンジ×ブルーパイピング、そして日本だけの限定色グレー×ブルーパイピングの全3色がラインナップする。日差しが強くなる季節にぴったりのカラーリングは、街歩きに、そしてバカンスにと大活躍してくれることだろう。

Text by Tamotsu Narita
Edit by Kei Ishii(Seidansha)