メディア個別 電脳化したアッパーミドルセダン──アウディA6セダン | editeur エディトゥール

editeur

検索
第27回 | アウディの最新車デザイン・性能情報をお届け

電脳化したアッパーミドルセダン──アウディA6セダン

2017年に『A8』と『A7スポーツバック』を相次いで発表したアウディ。「次は中核を成す『A6』」と誰もがそのデビューを待ちわびていたが、ついにジュネーブモーターショー2018で新型となる5代目が発表された。4代目のデビューが2011年なので、じつに7年目のフルモデルチェンジとなる。

アウディの中核車種『A6セダン』の最大のポイントは近未来的なデジタル化

アウディ『A6』は、いわゆるEセグメントに属するアッパーミドルセダン。メルセデス・ベンツ『Eクラス』やBMW『5シリーズ』がライバルとなることでわかるように、販売戦略の重責を担うモデルだ。これまでは、走行性能や快適性を追求し、そこを最大限訴求してきたのだが、今回の発表では、時代の変化を感じた。注目したのは、プレスリリースの記載順序である。

新車のプレスリリースは、前述の通りエクステリアのこだわりや走行性能など、「クルマとしての魅力」から解説が始まることが多い。しかし『A6』では、最初に先進的なデジタル化について触れられている。

特に強調されているのが、未来的かつ直感的な操作ができる「MMIタッチレスポンス操作システム」だ。すでに『A7スポーツバック』に搭載されており、上下に分かれた2つの大型高解像度タッチディスプレイでさまざまな機器を操作する。

上部のディスプレイでは、インフォテインメントシステムの操作。下部では空調システムの操作や文字入力を行う。タッチするとボタンを押したときと同じように、触覚と音によるフィードバックも発生し、ごく自然に操作ができるように工夫されている。また、ボイスコントロール機能も備えており、対話をしながらの操作も可能だ。

オプションになるが、「MMIナビゲーションプラス」は、過去に走行したルートの学習機能があり、オンラインのルートガイダンスや道路標識やハザード情報などを受け取ることができる。

また、ドライバーなら7人分、最大400のパラメーターを設定して自分のユーザープロファイルを記憶させることも可能だ。お気に入りボタンが設置され、乗員の好みの設定を簡単かつ素早く呼び出せるという。

デジタル化は駐車機能にも及んでいる。「パーキングパイロット」と「ガレージパイロット」は、スマホを利用した自動駐車機能で、パーキングスペースへの駐車などの操作を自動的に行ってくれる。ドライバーはクルマから降り、スマートフォンの「myAudiアプリ」を介して機能をスタート。あとは駐車プロセスを見守るだけでいい。

パワーユニットには省燃費を実現してくれる「マイルドハイブリッド」を搭載

これらの次世代装備も重要だが、カーガイにとってはドライビングエクスペリエンスも譲ることができないエッセンスだろう。もちろん、新型『A6セダン』はその点においても抜かりはない。

パワートレインはガソリンとディーゼルの2種類が用意される(ヨーロッパ導入時)。ガソリンは、ターボチャージャー付きV6エンジン「3.0 TFSI」。最高出力250kW(340PS)、最大トルク500Nmを発生し、0〜100km/hを5.1秒で加速する。最高速度は250km/hだ。

ディーゼルは「3.0 TDI」で、最高出力210kW(286PS)、最大トルクは620Nmに達する。これらのエンジンにはマイルドハイブリッドが組み込まれ、実際の走行条件では、100km走行あたり最大0.7Lの燃料消費が削減される。

走行性能では、ダイナミック オールステアリングホイール(4輪操舵)とプログレッシブステアリングを採用し、刷新された足回りも相まって、よりシーンに合わせて最適な走りが可能になった。市街地ではコンパクトカーのような小回りを実現し、ワインディングではスポーツカーのような俊敏な走り、高速道路では余裕ある快適な走りを提供してくれる。

セダンの王道を継承しつつ、スポーティでエレガントな『A6セダン』の外観

エクステリアは、『A8』『A7スポーツバック』と続くデザイン言語を踏襲している。

長いボンネットとロングホイールベース、短いオーバーハングは、バランスの取れたプロポーションで、セダンの王道から外れていない。しかし、そのなかに『A6』が持つスポーティでエレガントなキャラクターが表現されている。特にスポーティさは、低くワイドなシングルフレームグリル、フラットなヘッドライト、パワフルな造形のエアインレットが圧巻だ。

3本のラインが印象的なサイドビューは、車高を実際よりも低く見せる効果を生み出す。そして忘れてはいけないのが、ホイール上のパワフルな膨らみだ。これこそ、『A6』が「quattro(クワトロ)」の遺伝子を受け継ぐクルマであることを示すアイコンなのだから。

インテリアもハイテク装備が充実、レッグルームはライバル車をしのぐ広さ

インテリアは、ハイテクで洗練された印象だ。ハイテクさは、まずセンターコンソールに見てとれる。ドライバーに向けて角度をつけて「MMIタッチレスポンス」のディスプレイを設置。このディスプレイは、イグニッションをオフにすると、まるで存在しないかのように姿を消してしまう。こういったこだわりも、高級感を醸し出す要素のひとつだ。

洗練された印象はブラックを基調としたインパネ周りにも滲み出る。水平ラインを採用することで広々とした感覚を生み出した。

もちろん、室内空間は広く“感じる”だけではない。先代モデルよりも拡大されたリヤシートのレッグルームは、ライバル車をしのぐ広さを確保した。ヘッドルームやショルダールームも、先代モデルより広くなっている。

ドイツでは2018年6月から販売が開始される予定で、『A6セダン50 TDI』のベース価格は、5万8050ユーロ(約766万円)となっている。日本へのデリバリーはアナウンスされていないが、上陸が待ち遠しい一台だ。

Text by Tsukasa Sasabayashi
Photo by (C) AUDI AG.
Edit by Takeshi Sogabe(Seidansha)

動画はこちら
Audi A6 オフィシャル動画

editeur

検索