ゼロウーノ ドゥエルタ画像01_R(2)
- 世界の名車コレクション -

ゼロウーノ Duerta──巨匠の精神が宿るスーパーカー

ジョルジョット・ジウジアーロは、ピニンファリーナと並ぶイタリアのインダストリアルデザイン界の巨匠である。とりわけカーデザインにおける功績は大きく、数多の名車を手がけてきた。たとえば、アルファロメオ『ジュリア スプリントGT』、フィアット『850スパイダー』、1970年代の日本車を代表する傑作、いすゞ『117クーペ』も彼の作品だ。このジウジアーロが設立した「イタルデザイン」の最新作がお披露目された。ランボルギーニ『ウラカン』をベースにした『ゼロウーノ』のオープントップバージョンとなる『ゼロウーノ ドゥエルタ』である。

ジウジアーロのイノベーティブな精神を受け継ぐスーパーカー『ゼロウーノ』

イタルデザインはちょうど50年前の1968年、ジウジアーロによってイタリア・トリノに設立された。1974年にデビューした初代フォルクスワーゲン『ゴルフ』は、初期のイタルデザインの代表作だ。自動車だけではなく、イタリア国鉄の車両、ニコンの一眼レフカメラのデザインなどでも知られる。

現在のイタルデザインはフォルクスワーゲン・グループの一員となり、元ランボルギーニのデザイナー、フィリッポ・ペリーニが率いている。

とはいえ、ジウジアーロのイノベーティブな精神はブランドに脈々と受け継がれてきた。イタルデザインは1968年以来、200台以上のコンセプトカーを手がけ、数千台の量産モデルを送り出している。

その新体制のイタルデザインが新しいプロジェクト「イタルデザイン・アウトモビリ・スペチアリ」の第一弾として送り出したのが、2017年のジュネーブモーターショーで発表されたスーパースポーツの『Zerouno(ゼロウーノ)』だ。

最高速度330km/h、タルガトップとなった最新作『ゼロウーノ ドゥエルタ』

ベースとなったのはランボルギーニ『ウラカン』。ミッドシップに搭載されるパワーユニットも『ウラカン』と同じ5.2LのV10自然吸気エンジンだ。

ここに7速DCT(デュアルクラッチトランスミッション)を組み合わせ、最高出力は610PS、最大トルクは560Nmを発揮。0-100km/h加速は3.2秒、最高速度は330km/hに達するという。

2018年モデルとなる『ゼロウーノDuerta(ドゥエルタ)』は、この『ゼロウーノ』のタルガトップ仕様だ。発表前は「ゼロウーノ ロードスター」と呼ばれていた。

車名の「ドゥエルタ」はイタルデザインが本社を置くトリノを含むピエモンテ州の方言で、「オープン」を意味する。タルガトップとは、Bピラーを固定したままルーフパネルを取り外すことのできるオープンカーのことだ。

クーペと同様にボディは100 %カーボンファイバーで、タルガトップのルーフもカーボンファイバー製。このルーフは手動で着脱可能となっている。

世界限定わずか5台、厳選した上顧客に向けて少量を販売するビジネスモデル

『ゼロウーノ ドゥエルタ』は世界限定わずか5台しか生産されない。クーペモデルもやはり限定5台しか販売されず、正式に発表される前にすべて完売した。おそらく『ゼロウーノ ドゥエルタ』もすでに全台が売約済みに違いない。

なぜ5台しか生産しないのか。それは、「イタルデザイン・アウトモビリ・スペチアリ」というプロジェクトが、厳選した上顧客に向けて少量を販売するビジネスモデルだからだ。希少性を打ち出すことで、その価値を徐々に高めていく戦略である。
高付加価値の少量生産というビジネスモデルは、規模こそ違うものの、じつはフェラーリやランボルギーニも同じ。イタリアのスーパーカーは歴史的に少量生産が主流で、イタルデザインもそれも踏襲しているわけだ。

そのなかでも、『ゼロウーノ ドゥエルタ』はイタリアを代表するカーデザインの巨匠の精神を受け継ぐスーパーカーだ。いずれ、今以上に大きな価値を持つクルマとなるかもしれない。

Text by Kenzo Maya
Photo by (C) Italdesign Giugiaro S.p.A.
Edit by Takeshi Sogabe(Seidansha)