大人のための最新自動車/スーパーカーで欧州を走る「海外ドライブ旅行」
- ドライブ旅行 -

スーパーカーで欧州を走る「海外ドライブ旅行」

年間海外旅行客が100万人を超えてから40年以上。非日常へと誘ってくれる海外への旅だが、もうひと通り満喫してしまった、という人も多いだろう。ならば、これからはひと味違う海外旅行を経験してみるのはいかがだろうか。たとえば、「海外ドライブ旅行」もそのひとつ。自らハンドルを握って速度無制限で有名なドイツのアウトバーンを疾走したり、美しいアルプスの山々を越えるのは、普通の旅とは違った満足感を得られるはずだ。

日本よりロングドライブに向いているヨーロッパ

「ノルウェーのフィヨルドのような雄大な自然、中世の街並みがそのまま残るヨーロッパの都市。やはり、日本と違う文化圏の景色の中でドライブするのは新鮮だし、気持ちいいですよ」

そう語るのは、海外ドライブの経験も豊富なモータージャーナリストの九島辰也さんだ。

「そもそも海外は日本よりもロングドライブしやすい環境なんです。たとえば、ヨーロッパでは、大陸を車で長期間かけて移動することがそれほど珍しくない。道もロングドライブを想定しているし、高速道路の運転もみんな上手い。交差点も信号式はあまりなく、多くはラウンダバウト。つまり、運転中にストップする場面が少ない。とにかく車を流すように道路が考えられているんです」

日本にはほとんどないラウンダバウトだけに、最初は戸惑うかもしれない。しかし、慣れてしまえば、そのスムーズさは爽快のひと言に尽きるだろう。

海外自動車メーカーが提供する体験型ドライブ旅行

また、多くの車はメーカーの母国事情に合わせてつくられている。たとえばドイツ車のガッシリとした乗り心地は、速度無制限のアウトバーンでも快適に走れることが前提ゆえ。九島さんも、過去にそれを実感した経験があるという。

「以前、フランス車、1960年代のシトロエン・DSをパリで運転したことがあるんです。フランスって、田舎道とか実はけっこう道が悪い。でもシトロエン・DSは、そういった道も走ることを想定しているから、古い車にもかかわらず、すごく乗り心地がよかったんですよ」

各国の車の実力や個性、誕生の背景を、ハンドルを握って実感、理解できるのも海外ドライブの醍醐味なのだ。

このように魅力あふれる海外ドライブの旅。手軽に楽しむのであればレンタカーが最適だが、どうせならば、もっとスペシャルな海外ドライブをしたいところだ。最近は海外メーカーがユーザー向けに体験型自動車旅行を企画しているケースも少なくない。

ポルシェに乗るドライブツアーを提案する「ポルシェトラベルクラブ」などは、その代表にして老舗だろう。また、航空会社や旅行会社も「スーパーカーのハンドルを握る旅」といったふうに銘打ち、有名メーカーの工場見学やサーキット体験なども含めた海外ドライブ旅の企画が増えている。

「車を運転すると、通常の旅行より地元になじみ、とけ込んだ気持ちになれるんです。地元のルールに沿って運転するのって、ローカルっぽいじゃないですか」

普通の旅では味わえない、海外ドライブの旅。一度、体験してみてはいかがだろう?

Text by Kenichiro Tazawa(euphoria FATORY)

Photo by (C)AIBargan、(C)Sho Yamada