メディア個別 40代男性が初デートで好感度を上げる2つのポイント | editeur エディトゥール

editeur

検索
第23回 | 【モテ技】必読!美女とのデート成功法・失敗例

40代男性が初デートで好感度を上げる2つのポイント

なぜか人に好かれるタイプの人、周りにいないだろうか? 特に目立った行動を取るわけでもなく、派手なパフォーマンスをするわけでもない。では、何が人と違うのか。それは、シンプルな行動にある。誠実さ、と言い換えてもいい。誰にでも今すぐできて、年下美女から好感を持たれる秘訣をご紹介しよう。

■今回のアドバイザー女子
レコード会社勤務 Yさん 27歳

女子力の高さと癒し系オーラを武器に年上男を夢中にさせてきたKさん。丸くて愛らしい目元と笑顔がキュートなYさんは、末っ子気質の甘えん坊なのだとか。

行きつけのお店で自然に知り合った

Yさん「行きつけのごはん屋さんで料理人をしている40代男性から、ある日デートに誘われました。社会人1年目の頃から、母親と年に2〜3回は行くほどお気に入りのお店で。彼はフランクな方なので、お客さんに気軽に話しかけるタイプの人。さり気なく会話に入ってくるのが上手でした。

私と母が旅行の話をしているときに彼も会話に入って盛り上がったときがあって、社交辞令で『今度スノボーに行きましょうよ』なんて言われていたんです」

両親も40代と20代の年の差愛を育んだ

Yさん「父が40歳のときに母は27歳で私を産んだこともあって、私自身も年上の男性が好きなんです。10歳以上離れている方が安心感があるというか。私は、親戚の中でも1番年下だったし、2歳上に姉がいて末っ子タイプなんですよ(笑)。だからかな、リーダーシップを取れる男性には惹かれてしまうのかも。

料理人の彼からは、裏にメアドが書いてある名刺をもらっていたんですが、直後には連絡はなくてそのまま。しばらく間が空いて、いつものように母とお店へ行ったら『今度ごはんに行きましょうよ』って誘われたんです。母もその場に居たのですが『行ってきたら?』と好意的だったのもあり、行くことにしました」

コソコソはNG! 初デートだからこそ…?

Yさん「お店の外で会うのは初めてでしたが、話題が豊富でとっても楽しかったんです。それに、初デートだったのに気づいたら会話の流れで次の約束もしちゃうくらいスマートだった。

彼はホテル内にあるお店で働いているんですが、同じホテルにある別のレストランを予約してくれたんです。それが何より、好感が持てました。だって、自分の働いている場所の近くで変な女性は誘えないですよね? 女性って深読みしちゃうところがあるから、“これって、どういう意図で誘ってくれたのかな?”とかドキドキするんです。母の前で堂々とデートに誘ってくれたことや、彼のテリトリーに最初から入れてくれたってことが、“頼りがいのある男性”って思えるポイントかも。コソコソされたら断ってたと思います。

あと、これは頼りがいとは違うかもしれませんが『電車で帰るの面倒だよね?』と、食事のあとBARに行って、家までタクシーで送ってくれたところも“大人の男性だな”って思わせる行動でした。意外に思われるかもしれませんが、女性はデートでの“電車移動”が苦手です。タクシー移動って実はポイント高いんですよ」

最後にアドバイザーからひと言

「誰の前でも堂々とデートに誘える男性は、それだけで好きになる」

Text by Unyo Mura

editeur

検索