20代女子に聞く!モテオヤジの条件/40代男性が別れ際に今より嫌われるLINE事例
- 【モテ技】古い?ウザい?失敗しないLINEテク -

40代男性が別れ際に今より嫌われるLINE事例

何度も恋を経験していくと、ふと気づくはず。“付き合う寸前だけ味わいたい”ということに。意中の女性を射止めて愛を育むのは、幸せな時間だ。しかし、男女の仲は別れだって訪れる。40代男性こそ、上手に別れて株を上げたいところ。未練がましく別れを惜しんで最終的に嫌われてしまった悲しい40オトコの話を20代美女から教えてもらった。

■今回のアドバイザー女子
レコード会社勤務 Yさん 27歳

大きく丸い目がチャームポイントのYさんは、包容力のある年上の男性が好みだとか。甘えたいけれどベタベタしすぎない関係が理想のようだ。

年下女性は、年上に包容力を求める

Yさん「年上の男性は、包容力があるっていう希望を持って付き合うんです。大きな愛情に包まれて安心したいな、というのが年下女性の願望だから。43歳の彼は、学生時代から知っている塾の先生だったので、期待しちゃったんです。実際は、高校生みたいでガッカリしました」

自分の話ばかりする彼に気持ちが…

Yさん「付き合う前は、私の話を『うん、うん』と聞いて質問してくれたのに、付き合ったら自分の話ばかり。たとえば、私がクレームを受けた話をすると『わかる』って言ったあとすぐに『俺もさ〜』ってかぶせてくるんです! 他にも、“自分の趣味はお前の趣味”って感じで無邪気に押しつけてきて。彼はワインが好きだったからお泊まりしたときに“Yちゃんも好きだよね”ってボトルを持ってきたんです。そこまではいいんですが、翌日、ワインショップにも連れて行かれて。私はワインが好きじゃないのに…」

別れ際に未練がましく連続LINE

Yさん「こういう少しのすれ違いが蓄積して、だんだん気持ちが冷めてしまいました。私のなかで“先生=完ぺきな男性”をイメージしちゃったのかも。電話で別れを告げましたが、大変でした。しつこく理由を尋ねられたうえに、『元々、どんなイメージだったの?』と粘られ、別れ話の最中に嫌いになりつつありました。ようやく電話が終わり、諦めてくれたと思っていたんです。翌日スマホを見て、愕然。彼から5件のLINEが! しかも、どのメッセージも3スクロールくらいしないと見終わらない超長文。夜中1時から明け方5時にかけて変化していった彼の心境がわかるLINE内容をご紹介しますね。

1件目“いかに私のことが好きか”という愛の告白です。
2件目“なんで何も答えてくれないのか”という恨みつらみのこもった内容です。
3件目“でも、仕方ないね”と諦めた風の大人の対応です。
4件目“彼がよく行く店”のリスト【和食編 ほか】
5件目“彼がよく行く店”のリスト【イタリアン編 ほか】

最初の方は、まだわかりますよね。最後の4、5件目は『もう、地元に帰ってきても会いたくないだろうから、俺がよく行く店をリストアップしておくね』って(笑)。怖すぎて、しばらく読めなくて、最後まで目を通してソッコーで削除しました。別れ際はそれまでの思い出をよくも悪くもしますので、あまりしつこくせず大人の対応をしてくださいね」

最後にアドバイザーからひと言

「粘り強い40代男性は、はっきり言って、怖いです」

Text by Unyo Mura