hdp_1_pc
- Hot-DogPRESS powered by éditeur -

メイド・イン・USAを選ぶ – M1400

古き良き時代、ボクらが憧れたアメリカンブランドのアイテムには、メイド・イン・USAのものがいっぱいあった。

今回の特集では、今もアメリカ製にこだわって作られている超おすすめのアイテムだけを厳選して紹介。サイズ感、使い心地、色やテイストなど、アジア製やヨーロッパ製にはない、特別なモノ作りのこだわりをレクチャーしよう。

■M1400
 new balance

M1400はM1300でランナーから評価の高かった安定性やクッション性といった機能性を継承しつつ、さらなる性能アップを目指して1980年代に開発がスタートしたが、当時の技術ではサンプル製造は可能だったものの量産化が困難で市販を断念。M1300の後継モデルは1989年リリースのM1500となった。

しかしながら大きめのNロゴを求める日本のスニーカーフリークの要望に応えるかたちで1994年にM1400は日本マーケットに投入されることとなり、その快適な履き心地と飽きのこないベーシックデザインによりカジュアルシーンで高い人気を得ることとなった。

そんなM1400だが、最近では品質の高いカジュアルクローズをリーズナブルな価格で提供するJ.CREWでも展開されるなど、その人気はワールドワイドに。

M1400は厳選された素材を用い、現在もアメリカの工場で製造されており、実際に履くことでその高級感と職人技を堪能することができるのである。

Text by Hot-Dog PRESS編集部