メディア個別 アラン・シックの妻、ロビンら息子と遺産争いへ? | editeur エディトゥール

editeur

検索
第578回 | 海外スターの最新ニュースをお届け

アラン・シックの妻、ロビンら息子と遺産争いへ?

亡きアラン・シックの妻ターニャが義理の息子たちからふさわしい扱いを受けていないと抗議している。2016年12月に心臓発作によって他界したアランの妻ターニャは、共同相続財産管理人とされているアランの息子ロビンとブレナンが勝手に遺産を使用し、自分に分け与えていないと訴えた。

2005年からアランとの結婚生活を送っていたターニャによる申請書類には、ロビンとブレナンが遺産の管理方法などについて知らされておらず、ロビンが管理団体から葬儀費用として10万5000ドル(約1150万円)を受け取っているにも関わらず、立て替えてあったアランの記念碑代金も受け取っていないと記載されている。

ターニャの弁護を務めるアダム・ストライサンドはTMZに対し、「ターニャがまだ遺産を受け取っていないということは受け入れがたい事実です」と話している。

以前ターニャはアランが急逝した後、生きる気力を失くしたと悲しみを明かしていた。「認めるのも恥ずかしいんですが、もう生きていたくないと思った時もありました。もし私が必要としていた、話を聞き、私の手を握り、愛情を与えてくれる家族や友人たちがいなければ、今ここに立っていることはなかったでしょう」

ピックアップ

editeur

検索