ポルシェ911 GT3 RS

別格の役付き911に刮目せよ──ポルシェ911 GT3 RS

「役付き」。コアなポルシェファンが使うこの言葉は、「ターボ」や「GT」など、いわゆるスペシャリティな『911』を指す。つまりは別格なのだが、なかでも別格中の別格が、ジュネーブモーター2018でアンベールされた『911GT3 RS』だろう。『911 GT3』『911 GT2 RS』に続く、公道を走ることができる3台目のGTスポーツカーであり、ポルシェラインナップのなかでも最高峰のポテンシャルを誇る「役付き」だ。

ポルシェファンならわかる、『911GT3 RS』が持つレース由来のエクステリア

『911GT3 RS』のホームグラウンドは、間違いなくサーキットだ。「公道を走れるGTスポーツカー」にもさまざまなモデルがあるが、『911GT3 RS』はそのすべてがモータースポーツに最適化されている。そもそも、エクステリアからして、挑発するかのような攻撃的佇まいだ。

一見すると、ノーマルの『911』と変わらないと思うかもしれない。しかし、ポルシェファンなら、『911GT3 RS』の特徴であるエンジン用エアインテーク、エアアウトレットを備えたフロント、ワイドになったサイドスカート、ホイールアーチにアクセントを加えるブラックのベントを見ただけで、その戦闘力を推察することができるだろう。

これらはすべて、空力を最適化させるために計算された意匠。機能がデザインを作っているのだ。

たとえば、ホイールアーチ上部にあるエアインテークは、ホイールの回転によってアーチ内に生じる圧力を軽減し、車両のダウンフォースを軽減させる。ワイドになったサイドスカートは、アンダーボディ全体の表面積を拡大し、ダウンフォースを増大させている。エンジン用のエアインテークは、爆発的な出力を発揮するエンジンがオーバーヒートしないように、常に最大限の冷却風を提供。もちろん、驚異的な動力性能を受け止めるブレーキも、冷却風を提供するフロントリッドのダクトを備える。

リアのエクステリアにいたっては、ポルシェに詳しくなくても、その威圧感におののくはずだ。カーボンファイバー強化プラスチック製の固定式リアウイングの存在である。

このリアウイングは、強い存在感にふさわしい強大なダウンフォースをリアアスクルにもたらし、最高速度での走行中でさえ、高いドラビングスタビリティを実現する。『911GT3 RS』のエクステリアは、すべて「路面をしっかりとつかむ」ために最適化されているのだ。

速く走るために必要なもの以外は存在しない、純粋主義を極めたインテリア

インテリアもスポーティだ。言葉を選ばずに表現すれば、「速く走るために必要なもの以外は存在しない」ようなシンプルさは、純粋主義といってもいい。クルマに興味がない人が助手席に乗ったら、このクルマが何千万円もするとは到底思えないだろう。

インストルメントには、丸形5連でレブカウンターやスピードメーターなどを配置。ブラックの文字盤にイエローの針は、スポーツ走行時における視認性も高い。

レブカウンターには『GT3 RS』の文字が飾られる。4.6インチのタッチスクリーンディスプレーは、オーディオやナビだけでなく、エンジン出力や前後左右の加速度、タイヤプレッシャーなど、スポーツ走行に関する数値も表示可能だ。

シートは、カーボン製フルバケット。その後方にはロールオーバーバーが設置され、過酷なサーキット走行に耐えるべくボディ剛性をさらに強化している。このロールオーバーバーは、無償オプションである「クラブスポーツパッケージ」の一部だ。

ほかには、手動式の消火器、バッテリー切断スイッチ用プレパレーション、6点式シートベルトなどが含まれており、スポーティなドライビングエクスペリエンスをもたらしてくれる。

『911GT3 RS』は、自然吸気を搭載した最もパワフルな公道仕様のポルシェ

特筆すべきは、なんといってもそのパフォーマンスの高さだ。排気量4.0L、伝統の水平対向で作動する6気筒エンジンは、最高出力383kW(520ps)/8250rpm、最大トルク470Nm/6000rpmを発揮する。先代モデルや『911 GT3』よりも最高出力が20psアップしている。

最高速度は312km/h、加速性能は0ー100km/hが3.2秒、0ー200km/hが10.6秒。数値だけみると、2基のターボチャージャーを搭載した『911 GT2 RS』には及ばないが、バランスの取れたドライビングエクスペリエンスという意味では、まったく引けを取らない。

トランスミッションは、トラクションを途切れさせず、路面へのパワー伝達を可能にする「7速PDK(ポルシェ・ドッペルクップルング)」。また「PTV+(ポルシェ・トルク・ベクトリングプラス)」や「電子制御リアディファレンシャルロック」、ABSを統合した「PSM(ポルシェ・スタビリティ・マネージメントシステム)」といったポルシェが誇る電子デバイスも搭載しており、誰もが速く走らせることができる。

このパワーを最大限に活かすために、軽量化にも最高の技術が投入された。フロントリッドはカーボンファイバー強化プラスチック、ルーフはマグネシウム。リアスクリーンとリアサイドウインドウには軽量ガラス、フロント・リアエプロンには軽量ポリウレタン、リアサイレンサーはチタニウムを採用し、重量を低減している。

『911GT3 RS』を軽量化させたオプション「ヴァイザッハパッケージ」も設定

また、『911GT3 RS』をさらに軽量化させた「ヴァイザッハパッケージ」も今回初めて設定されている。これは、シャシー、インテリア、エクステリアに追加のカーボン部品と、オプションのマグネシウムホイールを採用。パッケージの最軽量の構成では、重量は1430kgまで低減される。

日本での発売価格はまだ未定だが、すでにポルシェの公式ホームページにその姿が現れている。自然吸気エンジンを搭載した最もパワフルな公道仕様のポルシェ。ある意味、ポルシェの純度を究極まで高めた一台だ。

Text by Tsukasa Sasabayashi
Photo by (C) Porsche AG.
Edit by Takeshi Sogabe(Seidansha)