edt_180501_lexus (2)

レクサスUX──都市の生活を愉しむパワーカップルへ

メルセデス・ベンツ『GLA』、BMW『X2』、アウディ『Q2』。ジャーマンスリーが力を入れていることからも分かるように、プレミアムコンパクトSUVは世界中で売れ筋のボディタイプだ。特に、都市部での運転のしやすさが支持されている。ここに満を持して新型車を投入したのが、ジャーマンスリーを仮想敵に据えるレクサスだ。レクサスがこれまで参入していなかったポジションを担う新型車種は、コンセプトに「Creative Urban Explorer(クリエイティブアーバンエクスプローラー)」を据えた。車名は『UX』。コンセプトの頭文字の一部から取られたことは、言うまでもないだろう。

『UX』でのプレミアムコンパクトSUVへの参入は、レクサスの新たな挑戦

「WILD but FORMAL」というキャッチコピーに、タキシードを着たライオン。アラフォーのカーガイならピンとくるだろう。1997年にデビューしたトヨタ『ハリアー』のコマーシャルだ。

今では、いちカテゴリーとして定着している「プレミアムSUV」は、ここから始まった。時は流れ、世界中で支持されているのは、コンパクトサイズのプレミアムSUVだ。しかし、そのポジションにおいて、レクサスは遅れを取っていた。『UX』は、まさに、レクサスの新たな挑戦だ。

都会派コンパクトクロスオーバーを標榜しているだけに、ボディは全長4495mm×全幅1840mm×全高1520mmと、都市部でも快適に走れるサイズだ。特に全高では、立体駐車場に入れる高さを意識したという。

エクステリアは都会的で、タフな力強さと俊敏な走りを想起させる大胆かつ洗練されたものだ。ボディは縦方向に厚みをもたせ、キャビンの中心からタイヤに向かい、前後のフェンダーを張り出させた。

顔つきも精悍だ。三眼LEDヘッドランプの上部にアローヘッド形状のクリアランスランプを配置。スピンドルグリルはブロックメッシュ形状とし、角度によって表情を変える。

日本発の高級ブランドの矜持、和の質感を存分にあしらったレクサス『UX』

インテリアに目を移すと、低いドライビングポジションとステアリングを中心に配置した操作系がドライビングの高揚感を醸し出す。

また、インストルメントパネルの上部からフード・フェンダーへと連続するような造形は開放感があるだけでなく、見晴らしも良く、タイヤ位置を認識しやすい。これは、内と外の境界を曖昧にする日本の建築思想に着想を得たという。

和の思想は、フロントシートにも及ぶ。伝統的な刺繍技法である「刺し子」をモチーフとしたキルティングが施された。インストルメントパネル上部のオーナメントは、和紙のような質感を実現している。

じつは、『UX』のチーフエンジニアである加古慈氏は女性である。ダイバシティーの観点からは「男性だから」「女性だから」と言いたくないが、室内の意匠や使い勝手の良さには、いい意味での性差が生かされている。視界の良さもそうだし、スイッチ類へのアクセスの良さなどもそうだ。つまりは、誰もが使いやすいのである。

レクサス特有の「すっきりと奥深い」走りでドライビングプレジャーを堪能

走りに関しても、都会をキビキビと駆け抜ける。TNGA(トヨタニューグローバルアーキテクチャー)のひとつである「GA-Cプラットフォーム」を採用しつつ、ボディの高剛性化や軽量化による低重心化を追求。徹底的な走り込みとチューニングを重ね、高い操舵応答性と上質な乗り心地を実現している。

心臓部は、新開発の直列4気筒2.0L直噴エンジンと2.0Lハイブリッドシステム。ガソリンエンジンは、優れた動力性能と環境性能を両立するとともに、高回転域まで軽快に回る爽快な加速フィーリングと心地良いエンジンサウンドを実現した。ハイブリッドは、モーターによるアシストとエンジン回転数を最適化し、優れた燃費性能に加え、気持ちの良い加速フィーリングが愉しめる。

いずれも、レクサス特有の「すっきりと奥深い」走りで、減速・操舵・加速がつながりよくリズミカルに操作でき、ライントレース性の高い俊敏な走行性の実現している。

組み合わされるミッションはCVT(無断変速機)だが、従来のものとはひと味違う。「Direct Shift-CVT」と名付けられたそのCVTは、ベルトとプーリーによる駆動に加え、発進用のギヤを追加。ダイレクトな発進・加速フィーリングを実現し、CVT本来のスムーズな走りはそのままに、燃費性能を向上し、走行シーンに応じた気持ちの良い走りが愉しめる。

第2世代の「Lexus Safety System +」を採用し、安全性能も万全の『UX』

『UX』は「セキュア」もキーワードのひとつとしている。インテリアで触れた見晴らしのよさもそのひとつだ。そして、安全面では、第2世代の「Lexus Safety System+」を採用した。先進安全装備の充実度は、クルマ選びに大きな影響を与えるようになったが、そこは高級車ブランドだけに抜かりがない。

具体的には、次のような装備が搭載されている。昼間の自転車や夜間の歩行者も検知可能な「プリクラッシュセーフティ(PCS)」や高速道路などでレーダークルーズコントロール使用すれば、同一車線内中央の走行を支援する「高度運転支援機能Lexus CoDrive(レーダークルーズコントロール、レーントレーシングアシスト)」、ハイビームの照射を制御する「アダプティブハイビームシステム(AHS)」、カメラで主要な道路標識を読み取り、メーターとヘッドアップディスプレイ内に表示する「ロードサインアシスト(RSA)」…などだ。

専用エクステリアと魅力的なサウンドのスポーツグレード「F SPORT」も設定

『UX』には、スポーティなグレードである「F SPORT」もライナップされる。

エクステリアは、フロントとリヤバンパー下部の漆黒メッキ、専用アルミホイールとの組み合わせで、下部をダークトーンにコーディネート。専用のシートやステアリング、メーターを採用するなど、走りの部分が強調されている。

また、サウンドでもスポーティな走りを演出するため、ドライバーとクルマに一体感をもたらすASC(Active Sound Control)を採用した。

もちろん、見た目だけでなく走行性能もチューニングされている。きめ細かい減衰力の制御を行うリニアソレノイド式AVSやフロントにはパフォーマンスロッド、リヤにはパフォーマンスダンパーを採用。優れた操縦安定性と上質な乗り心地を実現している。

日本での『UX』の発売は2018年冬。ジャーマンスリーがラインナップするプレミアムコンパクトSUVのライバルになることは間違いない。都市部の生活を愉しむパワーカップルなどに支持されそうな一台だ。

Text by Tsukasa Sasabayashi
Photo by (C) LEXUS
Edit by Takeshi Sogabe(Seidansha)