edt_180507_hublot01

ウブロとユヴェントスが刻む新章──クラシック・フュージョン クロノグラフ ユヴェントス

2012-2013年シーズンより、ユヴェントスFCのオフィシャルタイムキーパーおよびオフィシャルウォッチを務めてきたウブロ。両者のパートナーシップ継続ともに発表されたのが、コラボレーション第3弾となる世界限定200本の「クラシック・フュージョン クロノグラフ ユヴェントス」だ。

ウブロとユヴェントスを象徴するすべてを時計に集約

イタリアサッカー界のオールド・レディ、ユヴェントスとのパートナーシップにおいて、新たな一章を刻む「クラシック・フュージョン クロノグラフ ユヴェントス」。ウブロの時計製造技術の証であり、ユヴェントスと共有する価値観──すなわち粘り強さとテクニック、競争、卓越性を象徴するタイムピースとなっている。
ユヴェントスのホーム用ユニフォームのカラーであるブラック&ホワイトをまとったこの時計は、トリノのユヴェントススタジアムのクラブ・ジャンニ&ウンベルト・アニェッリにて、「リカルド・グアダルーペ(ウブロ)」、「アウグスト・カピタヌッチ(ウブロ地中海地区リージョナルディレクター)」、「ジョルジオ・リッチ(ユヴェントス国際パートナーシップおよび企業収入部門長)」の同席のもとで発表された。「ミラレム・ピアニッチ」、「パウロ・ディバラ」の選手も同席し、新ウォッチのお披露目に立ち会っている。

ユヴェントスの世界観をデザインでたっぷりと表現

「クラシック・フュージョン クロノグラフ ユヴェントス」は、HUB1143自動巻きクロノグラフムーブメントを内蔵し、世界限定200本。一見して感じられるスポーティーかつエレガントなムードを際立たせているのが、ポリッシュ及びサテン仕上げのブラックセラミックケースだ。ベゼルは、ブラックカーボンファイバーが採用され6つのH型のチタニウム製ビスが配されている。
もちろんユヴェントスの世界観もたっぷりと表現。35回目となるイタリアチャンピオンタイトルを保持するチームを象徴するロゴがケースバックにプリントされ、同じくダイアル3時位置に配されたスモールセコンドにもはっきりと見ることができる。滑らかに動くイエローの秒針も、チームがアウェー戦で着用するシャツの色をモチーフにしたものだ。
各ウォッチにはチームのスター選手のサインが入ったユヴェントスのユニフォームシャツが付属。そしてホワイトラバーにブラックアリゲーターを縫合したストラップを採用。「クラシック・フュージョン クロノグラフ ユヴェントス」は、まさにユヴェントスファンのルックをまぎれも無く完成させてくれる、完璧なアイテムとなることだろう。

Text by Arata Homma
Edit by Kei Ishii(Seidansha)