pixta_38683259_S(2)
- 大人ライダー向けのバイク -

ハーレーダビッドソンの魅力をファミリー別に 通の嗜み「カスタム」も

1903年に創設したハーレーダビッドソンは創設以来改良を重ねてきたエンジンがその魅力の1つ。エンジン以外にも重厚感と力強さを兼ね備えるボディや熱狂的なファンが集まるコミュニティが生まれてきた歴史を紹介したい。

ハーレーダビッドソン、その魅力とは

創設以来改良が重ねられてきたエンジン

ハーレーダビッドソンの魅力は創設以来改良が重ねられてきたエンジンなしでは語れない。日本製バイクは加速に強い特徴に対して、ハーレーの創業から愛されているVツインエンジンは低速で走ってもゆったりとした快適な走りができる特徴がある。

エンジンから生み出される独特な鼓動感

ハーレーエンジンの鼓動感は独特だ。低速域でのトルクの強さが重低音を奏でる。このリズムを体で感じられる快感に人々は虜になるのだ。

重厚感や力強さ、ゆったりした乗り心地

重厚感がある力強い外見ながら、ゆったりとした乗り心地を実現している。かっこよさと乗りやすさの2つを兼ね備えている。

自由にカスタムすることができる

ハーレーなカスタマイズが可能である。少しずつ自分好みの一台に仕上げる楽しさが熱狂的なファンが集まる理由だ。

最高のバイクを生み出すハーレーダビッドソンの歴史

1907年米ウィスコンシン州。ダビッドソン兄弟とウィリアム・S・ハーレによってハーレーダビットソン社は誕生。第一次、第二次世界大戦も切り抜けたアメリカの2大オートバイメーカーの1つである。それまで単気筒エンジンだったオードバイを「V型2気筒エンジン」に切り替え、時速100kmの最高速度を実現した。インディアン・モトサイクルとは、レースやセールスで競い合い、アメリカのバイク産業を発展した歴史がある。

ハーレー社は1969年、アメリカン・マシン・アンド・ファンウンドリー(AMF)の傘下となる。その12年後に傘下を脱却し「新生ハーレーダビッドソン」として再起動。日本には1912年に軍用として登場。その後、1933年に日本での現地生産を第一三共が開始し、本格的に日本製ハーレーダビッドソンが誕生した。

ハーレーダビッドソンの種類をファミリーごとに解説

現行のファミリー

スポーツスターファミリー

ハーレーの代名詞となっているような重厚感溢れるイメージとは違い、スポーツスターファミリーは軽快なスピード感を重視した一台。どこでも気兼ねなく乗れることや日本人の体格や道路状況にあっていることから日本でも大人気である。ハーレー独特のゆったりとした乗り方も、スポーツ走行も両方味わえることから人気のシリーズ。

中でも特にスポーツスターらしさを重視した「スポーツスターXL883Nアイアン883」は、伝統的なスタイルを受け継いでいる。美しい曲線美を描くスポーツスタータンクにフロント19インチ、リア16インチのホイールを搭載している。

「XL1200CX ロードスター」は、スポーツスターファミリーの中で最もハイパフォーマンスで性能を突き詰めた。ホイールはフロント19インチ、リア18インチで足元の安定性を確保。1202ccエボリューションエンジン、ダブルディスクブレーキは歴代最高峰のスポーツマシンといえる。ロードスターをベースにした、ビンテージ感の溢れる「カフェレーサースタイル」の純正パーツやアクセサリーの販売もされている。

「XL1200X 48(フォーティーエイト)」はハーレーダビッドソンの顔ともいえる不動の人気No1モデル。7.9?のピーナッツタンクをはじめフォワードコントロールステップと走行性能にもこだわる。2016年の発売以降高い人気を誇る定番マシンである。

「スポーツスター XL1200C 1200カスタム」 一見の派手さはないが、クロームメッキ仕様の1200エボリューションエンジンが美しい。一つ一つのパーツにこだわりが見えるマシン。

ソフテイルファミリー

ソフテイルファミリーはサスペンションが装備されていないかのようなスタイリングが特徴。カスタムの自由度が高いのでベース車両としても最適なモデルがそろっている。 2017年よりダイナファミリ―がフルモデルチェンジしてソフテイルファミリーと統合した。

関連リンク

「FXBR ブレイクアウト」 ミルウォーキーエイトエンジンとカーボンスチールフレームが搭載された「ソフテイル FXBR ブレイクアウト」。スポーツバイクとしてブレイクアウトの個性が光る。

「ソフテイル FLFB ファットボーイ」 映画「ターミネーター2」(1991年公開)でのデビューにより爆発的な人気に。堂々たるタンクシルエット、フロントタイヤの力強さは多くの人を魅了している。新生ファットボーイにもミルウォーキーエイトエンジンとカーボンスチールフレームが搭載。

「ソフテイル FXLR ローライダー」 ダイナとソフテイルの統合で、ローライダーもソフテイルファミリーに仲間入り。リジット型フレーム搭載モデルが登場。ミルウォーキーエイトの性能を得てハイパワーモデルへと進化。

「ソフテイル FLSB スポーツグライド」 スポーツグライド最大の特徴は、簡単に取り外しが可能なミニフェアリングとパニエ(サイドバック)の標準装備。街乗りもロングクルージングもこの一台で可能となる。またコーナリングのスムーズに誰もが驚くだろう。

「ソフテイル FLFC ヘリテイジクラシック」 クラシックスタイル受け継ぎつつも、新設計のリジット型フレームとミルウォーキーエイトエンジンを採用。大人のアウトドアスタイルに。

「ソフテイル FLSL ソフテイルスリム」 スタイリッシュでスリムなデザインのソフテイルスリム。それでいて、クラシックな雰囲気を醸し出す。新設計のリジット型フレームとミルウォーキーエイトエンジン搭載により以前にもましてスポティーなバイクへと進化。

「ソフテイル FXBB ストリートボブ」 チョッパーライクなスタイル。クラシカルなシルエットがさらに際立ち、リジット型フレームとミルウォーキーエイトエンジン搭載により高性能の走りを。

「ソフテイル FXFBS ファットボブ」 力強いデザインのファットボブ。カーボンスチールフレームとミルウォーキーエイトエンジンを得たロードマシン。おしゃれな色使いも必見。

「ソフテイル FLDE デラックス」 永らくラインナップを飾り続けてきたベストセラーモデル。ゴージャスな存在感と近未来的なデザイン。

CVO(カスタム・ヴィークル・オペレーション)ファミリー

Custom Vehicle Operationファミリーは、ハーレーが自らカスタムを施したファクトリーカスタムモデル。様々なファミリーから選ばれたマシンをベースに最高級の純正バーツで余すことなくカスタムされ、ハーレーの中でも更に高級感のあるポジション。

「CVO FLHXSE CVOストリートグライド」 圧倒的な存在感を醸し出すのは排気量1923㏄のミルウォーキーエイトエンジン117ci。贅を尽くした究極のストリートバイクは誰もが振り向く一台。

「CVO FLTRXSE CVOロードグライド」 純正カスタムパーツ等によってウインドプロテクション機能は格段にアップ。最高峰のロードグライドに恥じない贅沢なメニューでカスタマイズされ、格段な走破性は裏切らない。

「CVO FLHTKSE CVOリミテッド」 唯一無二の最高峰エンジン「ツインクールド ミルウォーキーエイト117ci」を搭載。パワフルかつ軽快な走りでウルトラならではのスポーツライドを楽しめる。

関連リンク

ツーリングファミリー

ライダーを風から守るウインドシールドを標準装備し、広大なアメリカを横断するために作られたツーリングモデル。ハーレーの象徴ともいえるフラッグシップファミリー。

「ツーリング FLHX ストリートグライド」 アメリカで一大ムーブメントになった「バガー」と呼ばれるスタイルのベースモデル。通なら長距離を走るツアラーとしてではなくストリートバイクとして楽しむ。

「ツーリング FLTRX ロードグライド」 デュアルヘッドライトを備えたシャークノーズフェアリングをマスクとする個性派ツアラー。2018年にスタンダードタイプが日本初上陸。

「ツーリング FLHTK ウルトラリミテッド」 キング・オブ・モーターサイクルの最高位に立つウルトラリミテッド。強豪なマシンを備え、究極のメガツアラーに進化した。歴代最高のパワーの重量級マシン。

「ツーリング FLHRXS ロードキングスペシャル」 上級者向けのストリートバイクきっての挑戦的なモデル。詳しい記事はこちら

関連リンク

ストリートファミリー

ストリート(街並み)での運転を意識して作られたハーレーで、比較的新しいラインナップ。

「XG750 ストリート750」は233kgという軽量な車重を実現。水冷Vツインエンジン「レボリューションX」が搭載されており、軽快なライディングパフォーマンスである。

トライクファミリー

ハーレーは二輪だけでない。トライクファミリーは3輪ならではの車重のコントロール性に重点を置いて、最高のハンドリングを追求。二輪免許がなくても自動車免許で運転できるのも嬉しい。二輪ならではの立ちごけもないので安心。ヘルメットも義務ではなく、小型自動車区分なので二人乗りも可能。リバースギアでバックできる特徴もある。

「トライク FLHTCUTG トライグライドウルトラ」 二輪にも車にもない独特の走りを見せてくれるトライグライドウルトラ。安定性が高く快適な走りで二人乗りも楽しめる。

関連リンク

「トライク FLRT フリーウィーラー」 ハーレーの伝統スタイルを残しつつも最新技術のパワーを兼ね備えたトライクである。

過去のファミリー

V-RODファミリー

水冷Vツインを搭載していた唯一のV-RODファミリー。「VR1000」のエンジンをポルシェと共同で公道向けモデルとして開発された人気の高いシリーズ。しかし、2016年生産分持って終了してしまった。V-RODファミリーの15年の歴史の中でも最も長く名を連ねたモデルが「ナイトロッドスペシャル」。その攻撃的なフォルムと高性能のパーツはファンを唸らせてきた。

関連リンク

過去の車種を紹介

「サービーカー(Servicar)」 1932年から1974年に製造された牽引用装置が装備された三輪のGシリーズ。エンジンはフラットヘッドを採用。

「トッパー(Topper)」 ハーレーダビッドソンもスクーターを製造していた。1960年から5年にわたってクラシックでかわいいデザインのスクーター。希少価値が高い一台。

「MT350E」 1990年代ごろに生産された軍用バイク。軍用であることからカーキで合わせられている。

ハーレーダビッドソンの購入・選び方について

あなたに合ったハーレーダビッドソンを選ぶ

たくさんのファミリーからなるハーレーダビッドソン。用途や自身のレベル、カスタマイズによって自分に合った一台を手に入れたい。

人気が高い種類を選ぶ

ハーレー全モデルの中でも最も人気が高いのが「XL1200X」。スポーツスターファミリーに属するハーレーです。

V-RODファミリー内で屈指の人気を誇るのは「VRSCDX」。搭載する心臓は「V型水冷4気筒エンジン」。ポルシェとの共同開発により誕生したエンジンです。

初心者でも乗りやすい種類を選ぶ

ツーリングをメインで乗る方には、初心者向けのスポーツスターファミリーの「アイアン883」やスタイル重視のソフテイルファミリーの「スポーツグライド」、また高速走行が安定しているソフテイルファミリーの「ファットボーイ」を勧める。街乗りは、よりスリムなスポーツスターファミリーがおすすめ。街乗りもツーリングも両方したいという方にはスポーツスターファミリーの「アイアン883」を。

購入前に気を付けておきたい点

欲しいモデルが決まったらいよいよ購入へ。その前に、一度購入後のシミュレーションをして準備を。

支払い方法

ハーレーは分割ローンで購入が可能である。月々の支払金額は設定することができるため、自分にあった支払プランを選択する。

維持費

維持費は車種や新車か中古かによっても違う。ガソリンはハイオク指定だが、新型は燃費が良い。ハーレーの手入れで重要なのはオイル交換。オイル代は一回5000~2万円かかる。ディーラーに任せるより自分でできるようになるとその分リーズナブルに。保険代は国産バイクと同じくらいで年間3万円~。パーツや外装品は輸入なので割高になる。

保管方法

忙しい日々の生活で、毎日ハーレーを触れるわけではない。長期乗らない期間もあるだろう。そんな時でもしっかり保管することで劣化を防げる。何カ月もエンジンをかけなかったらバッテリー上がりが心配。バッテリーを充電器につなぐことで解決。雪国の方は、バッテリーを外して常温保存がおすすめ。タンク内部の錆は、ガソリンを満タンにして保管することで予防。

購入後のメンテナンス

国産二輪よりもメンテナンスが必要なのがハーレー。ファンは愛車に手がかかる程、虜になるという。購入後必ずメンテナンスが必要になることを覚えておこう。また大きな故障になる前に日々のメンテナンスも大切に。

取得必要な運転免許

ハーレーは最低排気量でも400㏄を超えているので大型自動二輪車免許(MTのみ)が必要。トライクであれば普通自動車免許で運転可である。

免許取得の方法については初めての二輪免許なら教習所の利用が安心。プロの指導員がステップを踏んで教えてくれるので、免許取得後も自信を持てる。また、普通二輪の免許を持っていることが大型二輪取得の条件としている教習所もあるので注意。

運転免許試験場でのダイレクト受験も可能。普通二輪の免許を持っている人はダイレクト受験を挑戦することも。

免許取得にかかる費用は普通自動車免許を持っていれば、学科などが一部免除されるので二輪免許は安くとれる。教習所では普通二輪を持っている人で12万円程度、持っていない人は24万円程度。

正規販売店とは?それぞれの違いは?

正規販売店には4種類ある。

HDJ契約正規販売店

ハーレーダビッドソンの厳しい審査をクリアした販売店である。

HDJ正規販売網LTR SHOP

HDJ契約正規販売店が推薦かつ、ハーレーダビッドソンに正式に登録されている販売店。オーナーさんによって個性があるのが特徴。

HDJ認定T-STAGEディーラー

SHOP in SHOPのスタイルで販売している。

HDJ認定サービスディーラー

HDJ契約正規販売店が推薦かつハーレーダビッドソンが認定した整備サービスの専門店。

正規販売店以外の販売形態は?

カスタムショップ

カスタマイズの専門店。店によって得意分野が違うことも魅力のひとつ。

中古車販売

ハーレーダビッドソンだけでなくほかのメーカの中古車も取り扱っている。専門性はないが、比較的安価なことが多い。

正規ディーラーの場所

正規ディーラーは全国各都道府県にある。 北海道地方:5店舗 東北地方:7店舗 関東地方:43店舗 中部地方:19店舗 近畿地方:19店舗 中国地方:8店舗 四国地方:4店舗 九州地方:13店舗

各都道府県のディーラー情報を詳しく知りたい方は以下リンク。

ハーレーダビッドソンの中古も検討を

新車と中古の相場比較

ハーレーはほかのバイクよりも高価なのが現状。中古も国産バイクに比べると値段が高い。理由はいくつか考えられるが、普通のバイクよりもリセールバリュー(売値)が高くつきやすいので、中古でも高価になるのだ。国産バイクでは3年後でも半額以下になる車種も多い中、ハーレーは5年後でも50%以上で売れることもある。

中古購入時の注意点

中古でも良品が手に入る時代。中古車は新車にないカラーがあったり、カスタマイズ済みのものとを手に入れられる。一方、タイヤの劣化、車検に通らないパーツ、事故歴の可能性は注意点としてつきものである。 新品には3年間の補償サービスや半年、1年点検、など付帯サービスがあるが、中古にはもちろんない。メリットとデメリットをしっかりと理解することが大切だ。

ハーレーダビッドソンのパーツをカスタムしてさらに楽しく

ハーレーダビッドソンの歴史と同じくらい長いのがカスタムカルチャー。 正規ディーラーもカスタムに精通しているスタッフがいるので相談できる。また、いろいろなライダーとの交流でも色々なカスタムに出会える。バイクの数だけカスタムがあるといっても過言ではない。自分なりのカスタムを見つける旅に出かけよう。

ハーレーダビッドソンを手にしたら迷わずツーリングへ

ハーレーを手に入れたらいよいよツーリング。愛車といろいろなところへ出かけよう。

おすすめツーリングスポット

関東圏内のおすすめツーリングスポットは、箱根。箱根の景色はもちろんのこと、道中の西湘パーキングはライダーが集まるスポットなのでライダーとの交流も楽しめる。伊豆も大人気である。伊豆半島は気持ちの良い海風とカーブを描いた道。西伊豆スカイラインは無料で空いていることが多いのでおすすめ。

服装もカッコよく

ツーリングにいくなら服装もばっちり決めたいところ。ヘルメットは、いざという時に自分を守るものとなるのでしっかりとしたものを。グローブは、合皮よりもレザーがハーレーの重厚感とマッチする。服装は、レザーとデニムという伝統的なスタイルからアウトドア系まで様々。愛車と合わせて選ぼう。冬の防寒対策は必須である。

ツーリングの注意点

初心者のツーリングは、しっかり前日が準備するとよい。ガソリンやタイヤ空気圧などメンテナンスはしっかりと。まだ、ツーリング中はしっかり休憩をとることも大切。

ハーレーダビッドソンのイベントにも参加して輪を広げる

ハーレーのミーティングは全国で数多く開催されている。その中でも一万人規模のイベントが「VIBESミーティング」。毎年10月の三日間、全国を回っている。ハーレーがつなぐ全国に集まってくるライダーとの出会い。毎年参加する魅力は一度参加すると納得するであろう。