20代女子に聞く!モテオヤジの条件/20代美女がプレゼントで喜ぶ気の利いたブランド物
- 【モテ技】40男ならではのスマートテク -

20代美女がプレゼントで喜ぶ気の利いたブランド物

人への贈り物は、いくつになっても頭を悩ませる。特に女性は好みが千差万別。そのうえ年下となればことさらだ。ブランド物をプレゼントすれば喜ぶかと思えば、女心はそこまで単純ではない。年上の男性から数々のプレゼントを受け取ってきた20代美女に、女性が喜ぶプレゼントの極意を教えてもらった。

■今回のアドバイザー女子
イベントコンパニオン Iさん 24歳

AKB48の板野友美にそっくりなIさん。大きな目元が特徴的なスレンダー美女。おっとりしたしゃべり方だが、少し話せば芯があって賢い年下女性だとわかる。年上好きな彼女は60代とデートすることもあるとか。

ツボを押さえたプレゼントの極意とは

Iさん「プレゼントって難しいですよね。私は男性からプレゼントをしてもらいたいってそこまで思っていないので。でも、今付き合っている49歳の彼氏は、ツボを押さえたプレゼントをしてくれるんです。私が誕生日のときにブランド物の水着をくれたんです。これには、“やるな”って思いました。コンパニオンの仕事や読者モデルなどをやっているのですが、スタイリストさんがつかないことも多いんです。だから、ブランド物の水着は仕事でも格好がつくし、使えるからすごくありがたかったです」

ブランド物をあげれば喜ばれるワケではない

Iさん「ブランド物って、もらうとすごく嬉しいんです。でも、その分まだお付き合いしていなかったり、付き合いが短かったりすると申し訳なくなるので困りますね。

以前、お食事だけ何度かしていた男性にブランド物の靴をプレゼントされたことがあるんです。そのときは、素直に喜べなかったですね。“靴か〜、サイズ直しに行かないといけないな…”って思っちゃって(笑)。もちろん、自分では絶対に買えないようなものなので、“ラッキー♪”とは思いましたけどね。ストレートにバッグとかだと、高価すぎて恐縮しちゃうんです。

40代の男性とお食事するときって、必ずごちそうしてくれるので、いつもおごっていただくことになるじゃないですか。その上、高価なプレゼントをいただいたら気が引けちゃうので、オススメしません」

もらって迷惑なプレゼントはやっぱりアレ

Iさん「他にも、もらって困っちゃうのが“女子はコレ好きでしょ”っていう安易な思考で選んだものかな。私はリラックマが好きなのですが、男性からリラックマのぬいぐるみをプレゼントされたときは、どうしようと思いました。部屋に飾っているとほこりをかぶっちゃうし、人形類って魂が宿るっていうから捨てられないし。

処分に困るものは、なるべく選ばないほうが無難ですよ。あと、花束も微妙かな。たまにもらうと嬉しいんですけどね。

49歳の彼がステキなのは、少しは外して水着を選んだこと。あとは、自分があげたいものじゃなく、“私に何が必要なのか”を考えて選んでくれたところですね。思いやりや愛情を感じられました。

もし、特別な日以外でプレゼントをするのであれば、自分のあげたいものでもいいと思います。彼はよくミニカーとかオシャレな雑貨屋さんの洋服とかをプレゼントしてくれるんです。自分の買い物に出かけたのに『これ、Iが好きなやつ見つけたんだよ』って。楽しんで選んでくれたのがわかるし、私がいないところでも考えてくれているんだなって嬉しくなる。だから、高価すぎないプレゼントを何気ないときに渡すと女性はキュンとしちゃいますよ」

最後にアドバイザーからひと言

「ブランド物は、気の利いた外しアイテムをチョイスして!」

Text by Unyo Mura