メディア個別 ボディビルダーに学ぶ40男の肉体改造術 | editeur エディトゥール

editeur

検索
第199回 | 40代のアク抜きダイエットテク

ボディビルダーに学ぶ40男の肉体改造術

ダイエットといえばインナーマッスルが全盛の昨今。しかし、どうせなら外見的にもカッコいい体を手に入れたいものである。40代男が鍛えるべきダイエット効果がある筋肉はどの部位なのか? プロボディビルダーの山本義徳さんにお話を聞いた。

■今回のアドバイザー
ボディビルダー 山本義徳さん

1969年3月25日生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。ボディビルダーのほかタレント、トレーニング指導者としても活動。著書に『体脂肪を減らして筋肉をつけるトレーニング』(永岡書店)、『「腹」を鍛えると』(辰巳出版)、『サプリメント百科事典』(辰巳出版)、『かっこいいカラダ』(ベースボール出版)など30冊以上。

大腿部と臀部を鍛えて筋肉量UP

山本さん「筋肉をつけて基礎代謝を高め、太りにくい身体にしていくことがダイエットの大前提です。そのうえで考えるべきことは、筋肉の絶対量を増やすこと。小さい筋肉を10%増やすのと、大きい筋肉を10%増やすのとを比べた場合、後者のほうが増加した筋肉量は大きくなります。ですから身体の中のより『大きい筋肉』を意識して鍛えるようにするとよいでしょう。具体的には大腿部、いわゆる太ももの筋肉と、臀部、お尻の筋肉です。

また、加齢によって一番弱くなりやすい筋肉が、大腿部の筋肉といわれています。少しでも早くここを鍛えて『貯筋』しておくことで、老後の衰えを防ぐことにも繋がります」

簡単なトレーニング方法とは?

山本さん「大腿部と臀部の筋肉を鍛えるオススメのトレーニングは、ブルガリアンスクワットです。背中側に椅子を用意して、片足を椅子の上に乗せます。そのままの体勢で、前脚を屈伸させる運動を10~15回行います。終わったら反対足も同じように行ってください。太ももが水平になるまで膝を曲げるのがベストです

また、日常生活の中でも常に筋肉を意識することを心がけるといいと思います。例えば、歩くときにできるだけ大股で早く歩くようにしたり、駅の階段を1段飛ばしでスピーディーに上がったりすることを習慣化する。やるのとやらないのでは筋肉にかなり違いがでます」

インターバルを取って筋肉の発達を促す

山本さん「初心者にありがちな失敗談として、『毎日続かず挫折してしまった』という声がたびたび聞かれます。実際は、トレーニングはあくまでも『発達のための刺激』であり、発達するのは『休んでいるとき』なのです。

なので、毎日トレーニングするのではなく、1~2日空けてトレーニングするようにしましょう。そのほうが継続しやすく、なおかつ筋肉がつきやすくなります」

最後にアドバイザーからひと言

「トレーニングしたあとは、しっかり回復させることが重要ですよ!」

Text by Miku Nakamura(Seidansha)

取材協力
カラダの改造、お任せあれ

editeur

検索