180427 (6)
- 男性にもある更年期──LOH症候群を理解する -

メタボにEDも症状のひとつ? 「LOH症候群」のサインとは

男性ホルモン“テストステロン”の減少により、心身に様々な不調が起こるLOH症候群。早めに医師の診断を受けて治療にとりかかるためにも、どのような症状がLOH症候群に該当するのかを知っておくことは大切だ。そこで、LOH症候群の具体的な症状を専門家に聞いた。

■今回のアドバイザー
メンズヘルスクリニック東京 医師
小山太郎さん

メンズヘルスクリニック東京で男性更年期外来と男性型脱毛症外来を担当。最新の知見に基づいた診療を心がけている。日本抗加齢医学会専門医。日本医科大学形成外科非常勤講師。

男性ホルモン「テストステロン」が心・体・性に及ぼす影響とは?

LOH症候群、正確には「加齢男性性腺機能低下(LOH)症候群」は、加齢に伴う男性ホルモンの減少が心身に様々な不調を引き起こす、男性の更年期障害だ。メンズヘルスクリニック東京の医師、小山太郎さんは「男性ホルモンであるテストステロンは生殖機能の維持のみならず、男性の健康全般に重要なホルモンです」と話す。

「精巣でつくられたテストステロンは体の各所で様々な働きをします。脳では性欲ののみならず、チャレンジ精神、リーダーシップ、幸福感に関与していますし、筋肉や骨をつくる働き、血管をしなやかにする働きも持っています。テストステロンが減ってしまうと、心・体・性、あらゆる面に不具合が生じてくる可能性があります」(小山さん、以下同)

メタボから集中力の低下まで。日常生活であらわれるLOH症候群のサインは多様

さまざまな点で男性の自信にとって重要なテストステロン。その減少により起こるというLOH症候群では、具体的にどのような症状があらわれるのだろうか。

「身体面では『筋力低下』『メタボ体型になる』『疲れやすくなる』、また性機能については『勃起の低下』、『性欲減退』といった症状があらわれてきます」

特に生活習慣が変わっていないのに健康診断の数値が悪化した、朝勃ちの回数が減った、などはLOH症候群の重要なサインだという。

「また、精神的な面では、『不安感の出現』『イライラ』『意欲低下』『集中力の低下』などの症状が表れます。この場合、『楽しんでいた趣味を行うのが億くうになった』『以前と比べて仕事がなかなか進まない』などで、気がつくことが可能です。睡眠障害があらわれることもあります」

LOH症候群の精神症状である不安感の出現や集中力の欠如などは、うつ病にも見られる傾向だ。「男性ホルモンの低下がうつ症状の一因になっているケースであれば、LOH症候群の治療で症状改善する可能性があります」とのこと。

「気分の変調、体の不調、精力減退など複数の症状に悩んでいる男性は、LOH症候群の可能性も疑って一度専門外来を受診してみてはいかがでしょうか」

治療以前に予防を心がけることも大切。年齢にかかわらず規則正しい生活を

一般的に、男性ホルモンは年齢を重ねるにしたがって減っていくもの。そのため、LOH症候群は中高年の男性のみがなるもの、と思う人もいるかもしれない。だが、小山さんは「若い人でもLOH症候群になる可能性はある」という。

「当院でLOH症候群と診断される患者さんは40代後半から50代くらいが多いです。ストレス、睡眠不足、過度な飲酒、肥満などでテストステロンの低下は進むので、生活習慣によっては30代で症状を訴えるケースにも遭遇します」

そのため、「自分はまだ若いから大丈夫」と思わずに、気にかかる症状があれば、早めに診断を受けることが大切だ。

「LOH症候群の治療ではテストステロンの補充を行いますが若い男性には行えません。当院では生活習慣の指導やテストステロン補充以外のアプローチを提案しています。LOH症候群にならないよう規則正しい生活を心がけて、予防意識を持つことも大切です」

■最後にアドバイザーからひと言

「不調を“年のせい”とあきらめずに、まずは適切な治療を受けてみてはいかがでしょうか」

Text by Mai Matsubara(Seidansha)
Edit by Kei Ishii(Seidansha)