メディア個別 マドンナ、2パックのラブレターを巡る裁判で敗訴 | editeur エディトゥール

editeur

検索
第537回 | 海外スターの最新ニュースをお届け

マドンナ、2パックのラブレターを巡る裁判で敗訴

マドンナが、元恋人である故2パックから破局時に送られたラブレターのオークションへの出品の差し止めを求めた裁判で敗訴した。マンハッタンの最高裁判所の判事は、時効を理由に、マドンナの友人だったダーレン・ルッツがマドンナにまつわるアイテムを販売することを可能だと裁定した。

ジェラルド・レボヴィッツ判事は「(マドンナは)ルッツ氏との関係を通して、ルッツ氏が自身の様々な私物を所有していることを知っていた。それでいながらにして、今回のオークションが始まる前に、所有物の返還を求めなかった」と指摘した。

マドンナは2004年にルッツに対して如何なる主張をしないことに合意しており、オンラインオークション「ゴッタ・ハブ・イット!」の共同経営者のエド・コシンスキーは「私たちにとって、明確な勝利です。彼女はダーレンの所有する全ての品々の権利を放棄する和解契約書にサインすべきでなかったのです」と語った。

このコレクションには他に、マドンナの使用済みのシルクの下着やヘアブラシなどが含まれているという。

マドンナは以前、とても個人的なものであるとして、ラブレターが販売されるべきではないと話していた。「ラブレターをもらったことはよく覚えているわ。トゥパック・シャクールとは個人的にとても親しかったかわ。特に、彼が刑務所にいる時に電話をもらったことを覚えているの。覚えているのは、彼が友人の1人に頼んでマンハッタンの私の自宅に届けてもらったことね。手紙を読んだこともね。彼は私に謝っていたの。この手紙は決して人にあげたりなんてしなかった。とても個人的なものだもの」

ラブレターを含む品々は、7月にオークションに出品される予定だ。

editeur

検索