プジョー ジャンゴ125シリーズ画像01_R(2)
- スーパーカーブランド【プジョー】 -

プジョー ジャンゴ125──ネオレトロにロックオン

フランスのプジョーは、世界最古の量産自動車メーカーとして知られるが、二輪車部門のプジョー・モトシクルも世界で最も古い歴史を持つ。2018年は、そのプジョーのオートバイが生まれてから120周年となるメモリアルイヤー。そんななかで登場したのが、ネオレトロなスクーター『DJANGO(ジャンゴ)125』シリーズの4モデルだ。キーワードは「1950年代のフランス」である。

先進的なデザインからレトロへと舵を切った世界最古のブランド・プジョー

クルマでもバイクでも、「メイド・イン・ジャパン」がなかなかヨーロッパに追いつけない理由があるとすれば、それはデザインだろう。明確な理由はわからないが、工業デザインとしての歴史や伝統の差が大きいのかもしれない。

そういう意味で、東京モーターサイクルショー2018で発表されたプジョーのスクーター、『ジャンゴ125』シリーズはちょっと意外であり、驚きを感じた。

なぜなら──勝手な思い込みだが、プジョーは常に先進的で新しいデザインを追求する、過去を振り向かないメーカーで、レトロな路線には舵を切らないだろうと思っていたのだ。

しかし、がっかりしたわけではない。むしろ実車を見ると購買意欲を刺激された。というのも、デザインが巧みで、美しさと懐かしさが見事に融合していたからである。

50年代のプジョー『S55』のイメージを受け継ぐ『ジャンゴ125エバージョン』

テーマは1950年代のフランス。この時代のヨーロッパは、第二次世界大戦の痛手から立ち直ろうとしていた時代だ。ようやく明るさを取り戻しつつあり、ファッションにも暗さと明るさとが混在していた。

それゆえに、さまざまなジャンルで二面性のあるデザインが見られたが、『ジャンゴ125』シリーズもその二面性が意識されているようで面白い。クラシカルなスタイルのバイクやスクーターは、これまでも各メーカーから発売されてきたが、諸事情や法規制などの問題から中途半端なモデルが多く、もうひとつふたつ「レトロ感」が足りなかったのだ。

『ジャンゴ125』シリーズには4モデルがラインナップされるが、なかでも目を引くのは、アイボリーを基調としたツートーンカラーの『ジャンゴ125 Evasion(エバージョン)』だ。

上部と下部の色の境にはクロムメッキのモールが配され、ボディの後部は流れるように伸びている。シートには白いパイピングが施された。このボディラインとパイピングは、1955年に登場して一世を風靡したプジョーのスクーター『S55』を彷彿とさせるものだ。

また、スモールスクリーンとフロントキャリア、そしてホワイトリボンの入ったタイヤも、レトロ感を演出するうえで非常に効果的になっている。

50年代パリ・モードのエレガンスなイメージを纏う『ジャンゴ125アリュール』

同じツートーンでも『ジャンゴ125 Allure(アリュール)』はグッと渋い配色だ。こちらは1950年代のパリ・モードのエレガンスなイメージ。チョコレートブラウンのメタリックの塗装は、サテンの質感と重なって華麗さを演出する。

リアラゲッジには、淡いブラウンのシートと同色となるバックレストが備えられた。さらに、ミラーを黒くしたところなどにも相当なこだわりが感じられる。
『ジャンゴ125 Heritage(ヘリテイジ)』は、シンプルな美しさを追求している。ヘリテイジという名が示す通り、1950年代のフランス由来となる「かつて」のデザインで、じつは『ジャンゴ125』シリーズのスタンダードモデルだ。

深いブラックで統一されたボディにアイボリーのホイールがアクセントとなっており、シーンを選ばずに気軽に乗れそうだ。それでいてファッショナブルでもある。
『ジャンゴ125 S』は唯一のスポーツモデル。1953年にル・マン24時間を制した『P176』をオマージュし、また2011年のル・マンでタイトルを獲得したプジョー『908 Hybrid-4』への敬意も表しているという。

マットブラック仕上げのボディに同色のホイールを組み合わせることで、シャープな印象となった。シートは、タンデム側を取り外してシングルシートにすることも可能だ。

『ジャンゴ125エバージョン』はボディカラーも豊富、価格は約37万円

カラーバリエーションは、『ジャンゴ125エバージョン』が「ドラゴンレッド」「ビタミンオレンジ」「ディープオーシャンブルー」の3色。『ジャンゴ125アリュール』『ジャンゴ125ヘリテイジ』『ジャンゴ125 S』は、それぞれ「チョコレート」「インクブラック」「マットブラック」の1色展開となっている。

価格は、『ジャンゴ125エバージョン』が37万440円、『ジャンゴ125アリュール』は35万3000円、『ジャンゴ125ヘリテイジ』は35万9640円、『ジャンゴ125 S』が38万1240円だ(すべて税込み)。

それにしても、プジョーファンは『ジャンゴ125』シリーズにどんな感想を抱くのだろうか。自転車やモーターサイクルによって発展してきたプジョーの歴史を思い起こせば、フロントのライオンのエンブレムも違って見えてきそうだ。

Text by Koji Okamura
Photo by (C) Peugeot Scooters,ADIVA
Edit by Takeshi Sogabe(Seidansha)