メディア個別 フリンジ付き革ジャンの出番だ──70’sな新型ハーレー | editeur エディトゥール

editeur

検索
第35回 | 大人ライダー向けのバイク

フリンジ付き革ジャンの出番だ──70’sな新型ハーレー

ベトナム戦争、ヒッピー、ジミ・ヘンドリックス、サイケデリック。1970年代のアメリカは既存の価値への不信を背景にした若者の時代だった。しかし、アメリカンニューシネマの『イージーライダー』に登場して脚光を浴びる一方、じつはハーレーダビッドソンにとって1970年代は暗黒の時代でもあったのだ。ところが、2018年2月に発表された「スポーツスターファミリー」のニューモデルを見て驚いた。『IRON 1200』『FORTY-EIGHT SPECIAL』の新型2モデルは、その70'sのデザインに回帰していたからである。

本国以上に日本で人気を集めるハーレーダビッドソン「スポーツスターファミリー」

ハーレーダビッドソンのスポーツスターファミリーは、ビッグツイン系とは一線を画すスポーティーなモデルだ。体格の大きいアメリカ人にとっては「小さい」とも感じる、軽快でスリムなサイズの車体が特徴のファミリーである。

日本ではアメリカ本国以上の人気を集めているが、その秘密は乗りやすさ。ハーレーのラインナップのなかでは比較的軽量のため、日本人の体格でも扱いやすく、市街地で取り回しがしやすいからだ。

スポーツスターファミリーに今回加わったのは、ローダウン&ブラックアウトが特徴である『IRON(アイアン)883』の兄貴分にあたる『IRON 1200』。そして、日本に導入されているハーレーではダントツの人気ナンバーワンを誇る『FORTY-EIGHT(フォーティーエイト)』のファクトリーカスタムモデル、『FORTY-EIGHT SPECIAL(スペシャル)』の2モデルだ。

ハーレーダビッドソンは2027年までの10年間で、100タイプのニューモデルを発表する計画を打ち出した。今回の2モデルは、その一環となる。

1970年代のハーレーにあったレインボーラインをタンクに施した『アイアン1200』

『アイアン1200』の特徴のひとつは、ベースモデルの『アイアン883』から大幅なパワーアップがはかられていることだ。45度の空冷Vツイン「エボリューション1200V-Twinエンジン」に換装することにより、『アイアン883』では味わうことのできない、置いていかれそうな加速とアグレッシブな走りが堪能できるようになった。

最大トルクの数値は、『アイアン883』が68Nm/4750rpmであるのに対し、『アイアン1200』は96 Nm/3500rpmと、28Nmもアップ。ハーレーならではの鼓動を低回転域で感じられるようになった。

スタイリングの特徴は、なんといっても1970年代のハーレーにあった、レインボーラインのグラフィックをタンクに施していること。懐かしくも新しい温故知新なカスタムタンクアートとなっている。

しかし、1970年代のハーレーといえば、AMF社(アメリカン・マシン・アンド・ファウンドリー)に買収され、人員削減に対するストライキの多発、それによる品質の低下など、暗黒の時代だったはずだ。その時代のデザインに回帰することには、ハーレーダビッドソンの懐の広さを感じる。

そして新たに採用されたのが、メーターを囲うブラックの固定式のスピードスクリーンや後端部を盛り上げたカフェ風シングルシートだ。チョッパー的なアップハンドルでありながら、カフェレーサースタイルというアンバランス加減は、これも1970年代ルック。イギリスのハーレー乗りがカスタムしたような仕上がりとなっているのだ。

カラーバリエーションは「ビビッドブラック」「ツイステッドチェリー」「ビリヤードホワイト」の3色。価格は136万6200円からとなっている。

ノスタルジックで華やかなアメリカを感じられる『フォーティーエイト スペシャル』

『フォーティーエイト スペシャル』は、49mm径の極太正立フォークや130mm幅のファットなフロントタイヤ、ソロシート、そして容量7.9Lのピーナッツタンクといったスタイル自体はベースモデルと変わらない。

しかし、『アイアン1200』と同様に、タンクには1970年代のタンクアートにインスパイアされたグラフィックが施されている。

特に「ビリヤードホワイト」のカラーリングは、メッキ仕上げに変更されたクランクケースカバーと相まって、『フォーティーエイト』にはなかった“ノスタルジックで華やかなアメリカ”が感じられる。

もうひとつの大きな特徴は、『フォーティーエイト』のほぼ一文字のドラッグバーハンドルを、『スペシャル』ではアップスタイルの黒いトールボーイハンドルに変更していることだ。

従来のドラッグバーによるライディングポジションは、日本人の体格には多少無理があり、じつはハンドルをカスタムするユーザーも多いと聞く。そうした声がハーレーに届いたのか、『フォーティーエイト スペシャル』はアップハンドルにすることで快適なライディングポジションとなった。

カラーは「ビビッドブラック」「ウィキッドレッド」「ビリヤードホワイト」の3色。価格は152万4400円からとなっている。

『アイアン1200』『フォーティーエイト スペシャル』の新型2モデルは、アメリカ本国をはじめ、順次各国に導入されるという。気分は70's。さあ、フリンジ付きの革ジャンの出番だ。

Text by Katsutoshi Miyamoto
Photo by (C) Harley-Davidson, Inc.
Edit by Takeshi Sogabe(Seidansha)

動画はこちら
Harley-Davidson FortyEightSpecia and Iron1200 オフィシャル動画

editeur

検索