メディア個別 クレア・デインズ、『HOMELAND/ホームランド』シーズン8で降板へ | editeur エディトゥール

editeur

検索
第518回 | 海外スターの最新ニュースをお届け

クレア・デインズ、『HOMELAND/ホームランド』シーズン8で降板へ

クレア・デインズ(39)が、CIAドラマ『HOMELAND/ホームランド』をシーズン8で降板するようだ。双極性障害を持つ捜査官キャリー・マティソンを演じるクレアは、番組の将来に関する憶測が広まる中、シーズン8が自身にとってシリーズ最後の出演となることを明かした。

シリウスXMのハワード・スターンズの番組に出演したクレアは、次のシーズン8で降板するという噂について尋ねられ、「ええ、それでお終いよ」と答えた。

インタビュー中に夫ヒュー・ダンシーとの間に第2子を授かったことを明かしたクレアだが、降板の準備はできているものの、葛藤もしているようで「準備はできているでしょうね。このキャリー・マティソンというキャラクターは忙しいもの」「トレーニングみたいなものだから、これから免れる準備はできてるはずよ」と語っていた。

放送局のショウタイムはシーズン6のプレミアの前に、シーズン7と8の制作を発表していたが、複数の関係者はザ・ハリウッド・レポーターに新しいキャストを起用して番組続行する可能性もあると明かしている。

2月には、製作総指揮のアレックス・ガンサが、番組の今後については分からないものの、シーズン8が自身にとって最後になるとしていた。「間違いなく僕にとっては最後の年になる」「クレアや共演者のマンディ(パティンキン)については話せないけど、僕にとって最後の年になるし、話も8本のシーズンで完結するように構成されるだろうね」「もしショウタイムやフォックス、クレア、マンディが番組の存続を望むなら、それはみんな次第だし、だったら僕らはそういう風に出来るような余地を残すさ。ニーズがあればの話だけど」

ピックアップ

editeur

検索