メディア個別 アデノイド顔貌の治療にかかる期間と費用の相場は? | editeur エディトゥール

editeur

検索
第4回 | 歯科医師が解説「アデノイドとアデノイド顔貌」

アデノイド顔貌の治療にかかる期間と費用の相場は?

鼻腔内の奥にあるリンパ組織、アデノイドが肥大することによって、口呼吸になり上の前歯は前に出て下あごが後退し、上あごがもっこりした表情になる「アデノイド顔貌」。見た目はその人自身の人生と自信に大きく影響を及ぼすため、この症状に悩む人のなかには治療を考えている人も少なくないだろう。

『国際人になりたければ英語力より“歯を磨け”』などの著書をもつ、歯科医師の宮島悠旗さんに、治療にかかる期間や費用の相場について、話を伺った。

■今回のアドバイザー
歯科医師(歯学博士・日本矯正歯科学会認定医)
宮島悠旗さん

2005年3月 愛知学院大学歯学部卒業後、2006年3月 東京歯科大学にて研修医修了、研修医修了証取得。2010年3月 東北大学大学院歯学研究科卒業、歯学博士取得。2011年11月 東北大学大学院歯学研究科口腔保健発育学講座顎口腔矯正学分野 助教、日本矯正歯科学会認定医取得。2014年1月 宮島悠旗ブライトオーソドンティクスを起業。最新の技術で「噛み合わせ」と「エステティック」に配慮し、患者一人一人の要望に応える矯正治療を追及。矯正治療の技術を生かした一般歯科とのチーム医療で、歯の寿命を延ばし健康な体を保つために、理想的な噛み合わせを整える治療計画を提案している。

「アデノイド顔貌」の治療法とは?

アデノイド顔貌で上の前歯が出ていることによる、上あごのもっこり感や、下あごの後退を治療する方法はあるのか? 骨格は時間をかけて形成されるだけに、その治療にも時間を要しそうだが、いったいどんな治療を行うのか?

「アデノイド顔貌の治療法のアプローチは、おもに2つ。1つめは矯正治療。もうひとつは、アデノイド顔貌の原因となっているアデノイド肥大や鼻の病気の治療です。アデノイド肥大の治療は内視鏡によって行い、肥大したアデノイドの組織細胞を切除します」(宮島医師、以下同)


端的にいえば、見た目と根本、両方から直していく必要があるということだ。宮島医師いわく、仮に矯正などで歯やあごが正しい位置に戻っても、アデノイド肥大や口呼吸を治さなければ、またアデノイド顔貌に戻ってしまう可能性は高いという。普段の悪習癖も見直さなければならない。矯正治療にかかる期間は約2年だ。

なお、成長期の子どもの場合は、鼻呼吸を誘導し舌やあご口の周りの筋肉を鍛える装置、マイオブレース装置を装着することで、歯とあごを本来の理想的な位置に戻せることが多いというが、骨格が形成された大人の場合は、重度の場合は外科矯正の可能性もある。

「アデノイド顔貌」の治療にかかる費用は?

治療にかかる期間とあわせて、気になるのが費用面。治療まで大体どのくらいかかるものなのか、その相場を聴いたところ…。

「アデノイド顔貌の治療にかかる一般的な費用は、外科矯正等が発生しない通常の矯正治療の場合だとトータルで100万円くらいと、決して安い治療ではありません。症状やクリニックによっても料金は様々で保険適用されるケースもあります」

たとえば、アデノイド顔貌が顎変形症や下顎後退症などと診断された場合。これらは保険の適用となるため、治療費を50万円程度に抑えることができるが、その場合全身麻酔の手術を受けるということが前提となるため約3週間の入院が必要になる。また、保険適用を受けるには、顎口腔機能診療施設として指定されている病院で治療を受ける必要がある。病院選びの際には、よく確認しよう。

決して安い治療ではないが、顔は一生のお付き合いであり、人生にも大きくかかわる。一生効果を発揮する100万円の投資だと思えば、決して高くはないかもしれない。

Text by Daisuke SUZUKI(KOUMUTEN)

editeur

検索